最近の記事
2008年04月17日

小金持ちのための中国株IPO2

小金持ちのための中国株IPO2
香港の証券会社を利用して、
中国株IPOに小額資金でも高確率で当選する方法











       小金持ちのための中国株IPO2




日本全国の個人投資家の皆さんに重大ニュースです!

今、巷でも話題沸騰中の中国株IPOに関する最新情報と共に、
中国株IPOで稼ぐための秘策をお届けします。

また、口座開設からIPO申込みまで、
全て日本に居ながらできる方法もご用意しております。

もちろん、投資初心者やIPO未経験の方でも、
気軽にご覧頂ける内容となっておりますので、ご安心下さい。

それでは、中国株IPOの魅力を、たっぷりとご堪能下さい。
〜ようこそ!中国株IPOワールドへ!!〜




21世紀に入り、活況を極めている中国経済ですが、
その勢いは衰えるどころか、バブル経済へと発展していきました。

2007年に入り、GDP(国内総生産)においては、購買力平均による換算では日本を抜いて
世界第2位にまで上昇しています。

そして2008年には北京オリンピック、2010年には上海万博というビッグイベントを控えて、
相乗効果に乗った各企業も急成長を続けており、現在上場企業の時価総額ランキングで、
中国企業は世界トップ10に5社もランクインするほどです。

そのような中、日本人投資家も中国株への関心が非常に高まっており、
現在では日本の証券会社でも、中国株の取り扱いが非常に増えました。

そこで皆さんに、是非おススメしたいのが、中国株IPO投資です。





現在の中国株市場はやや過熱気味なので、本来の企業価値を超えた割高な銘柄が多いのですが、
割安な価格で手に入れることができるIPO株は、魅力ある投資先であると考えます。

IPOは日本でもお馴染みなので、ご存知の方も多いとは思いますが、
2007年に入り、日本株IPOのような初値で急騰する銘柄も増えてきました。

中国株IPOは、これからが本番を迎えます。

といっても中国株IPOには、過去の日本株IPOのような、何倍にも膨れ上がる急騰銘柄は
そんなに多くはありません。

しかしながら、初値での急騰が少ないにせよ、
中国株IPOは、日本株IPOにはないおいしいメリットがあります。




まず、ここでお断りしておきますが、中国株IPOに関する基礎知識につきましては、
無料レポート「中国株IPO入門」に書きましたので、是非お読み下さい。
他にも、中国の株式市場に関する情報など、内容も盛りだくさんとなっております。




ではここで、中国株IPOのメリットをいくつか挙げてみます。

メリット1. 公募割れ銘柄が少ない

かつての日本株IPOは、95%以上の確率で初値が公募価格を上回っていましたが、
2006年以降は公募割れする銘柄が増えてきました。

中国株IPOも同様に、公募割れするケースはありますが、
日本と比較しても最近の成績は良好です。

日本のような急騰銘柄はありませんが、初値が公募価格を割れる確率は、
日本株IPOが24%に対し、中国株IPOは14%となっており、最近の日本株IPOよりは高確率で
利益を獲得することができます。

さすがに、未来の相場を完全予測することはできませんが、この状況は今後も続くでしょう。
(2008年1月時点)



メリット2. 当選確率を操作できる

えっ!?と思った方も多いと思いますが、中国株IPOは日本株IPOにはない秘策が使えます。

その秘策を使うことにより、少ない資金でも当選確率の大幅アップが実現可能となり、
それだけではなく、複数単元での当選も期待できます。

複数口当選することにより、日本と比べて比較的騰落率の低い中国株IPOでも、
しっかりと利益を得ることができるのです。



メリット3. 一つの証券会社で、ほとんどのIPOに申込める

前述しましたが、日本株IPOは当選確率が低いです。そして銘柄毎の幹事証券会社が限られています。

そのため、当選確率を少しでも高めるための戦略として、できるだけ多くの証券会社に口座を
開く必要がありますが、管理が結構大変です。

しかし中国株IPOに限っては、香港の証券会社1社だけでも、ほとんどのIPOに申込めます。

香港の証券会社といっても口座開設・維持は、実は意外と簡単です。

また、中国株IPOは日本の証券会社でも一部取扱いがありますが、配分株数は極端に低く、
特に人気銘柄に当たることは、非常に厳しいとみておくべきです。



では、客観的な目線から、中国株IPOのデメリットもお伝えしておきます。

デメリット1. コストがかかる

本格的に中国株IPO投資を始めるには、香港の証券会社に口座を持たなくてはいけません。

そして口座開設には、いくつかのコストが発生します。

具体的には、

・関係書類準備用の手数料、
・送金手数料
・為替手数料

が挙げられます。

数千円程度の範囲内ではありますが、コスト面も多少は頭に入れる必要があります。



デメリット2. 言語の問題

中国株IPOに参加するには、英語もしくは中国語(広東語、北京語)がわからないと難しいでしょう。

現地証券会社のサイトは、ほとんどが英語もしくは中国語表記となっております。

しかし、取引する基本内容は日本と何ら変わりなく、
証券会社に口座を開き、ネットでIPOに申込むだけです。

よって100%ではなくとも、必要最低限の取引・操作方法等のポイントを押さえておけば、
投資初心者または、中学生レベルの英語力でも簡単にご利用できます。





中国株IPOのメリット/デメリットをまとめてみますと、

* 中国株IPOは日本株IPOと比べても、公募割れが少ない。
* なかなか当選できない日本株IPOに対し、中国株IPOは当選確率を大幅UPさせる方法がある。
* 香港の証券会社であれば、1社に口座開設するだけでほとんどのIPOに申込める。
* 口座開設/送金に伴うコスト面は考慮する必要がある。
* 香港の証券会社より中国株IPOに申込むので、多少の英語力は必要。



日本株IPOほどの急騰は無いにせよ、その分当選確率を上げることができるので、
年間を通すと大きな収益が期待できます。

仮に一覧表の銘柄に30万円ずつ申込みをしたとすると、
1,584,800円の収益になります。(1HKD=15円で計算)

しかし、確かに簡単そうではありますが、
初めての方には、少々ハードルが高く感じるかもしれませんね。

だからと言って、このまま中国株IPOの恩恵を、ただ指を加えて眺めているだけでは、
あまりにも、もったいないとは思いませんか?

そんな方のためにご用意したのが、
中国株IPO攻略への道を提示した、中国株IPOで稼ぐためのマニュアル
「小金持ちのための中国株IPO2」なのです!

海外投資を始めるには、色々な手間がかかって大変だと思っている方、
「小金持ちのための中国株IPO2」が、最短ルートをエスコートします!
まずは、中国株IPOからスタートしませんか?

>> 今すぐ購入する

それではここより、「小金持ちのための中国株IPO2」の中身について、説明いたします。

今回のEBOOKはシリーズ2作目となりますが、前作との大きな違いとしましては、
海外に出向くことなく口座開設・取引ができる香港の証券会社
BOOM証券の実践マニュアルを加えました。

もちろん、前作でご紹介しました証券会社に追加した形となりますので、
香港証券会社2社の口座開設・取引方法が手に入ります。

前回紹介しました証券会社は、言語の問題を完全クリア、全て日本語での取引が可能ですが、
現地での口座開設となってしまいますので、この2社よりご希望の用途を選択してご利用されては
いかがでしょうか?

BOOM証券は、コスト面・手軽さからすると、香港の証券会社の中では最もおススメです。

そして当マニュアルの肝でもある、「中国株IPOゲットの秘策」が大きなポイントとなります。


≪小金持ちのための中国株IPO2≫の内容を一部公開
STAGET<中国株IPO攻略マニュアル>

中国株IPOに当選する方法

当選の鍵は●●●●にあり

当選確率大幅アップの秘策

さらなる大量当選を狙うなら

中国株IPOで儲ける方法

●●●●を見極める

●●●で判断する

中国株IPOの反則技!?

中国株IPOの裏情報

STAGEU<●●証券>

特徴とメリット

口座開設方法

現地へのアクセス

ログインサイトの利用方法

簡易目論見書の見方

IPOの申込み方法

STAGEV<BOOM証券>

BOOM証券の特徴・メリット

口座開設時に必要なもの

BOOM証券へのアクセス

口座開設の方法

ログインサイトの利用方法

IPOの申込み方法

トレーディングマニュアル

株式・ADR・ETFへの投資方法

ミューチュアルファンドへの投資方法

便利な検索機能

購入者特典




以上の豪華内容で、あなたを中国株IPOゲットへの道を、超スピードで現実のものにします。

「中国株IPOゲットの秘策」
「香港証券会社2社の口座開設&取引マニュアル」
さらには、他では一切公表されていない、「中国株IPOの裏事情」までついてきて・・・。

今回、「小金持ちのための中国株IPO2」EBOOKは、24,800円で販売します。

と言いたいところですが・・・
実は、このサイトに訪れていただき、そしてここまでお付合い下さったあなたにだけ、
期間限定特別価格をご用意しております!

当サイトご訪問者様、限定特別提供価格 → 19,800円でのご提供です。

今がチャンスの中国株IPOを、
同じく今がチャンスの「小金持ちのための中国株IPO2」を利用して、
今すぐ、その恩恵を受取りませんか?■■小金持ちのための中国株IPO2■■




小金持ちのための中国株IPO2
香港の証券会社を利用して、
中国株IPOに小額資金でも高確率で当選する方法
posted by 中国株チャンス at 22:47 | 北京 🌁 | 小金持ちのための中国株IPO2 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。