最近の記事
2007年07月16日

香港 投資実践マニュアル

香港 投資実践マニュアル

インターネットで世界の株式市場に投資しよう!
日本から郵送で口座開設可能な香港のネット証券会社を紹介。



中国株(H株、レッドチップス、B株)、

日本株、アメリカ株のほか、香港先物・オプション市場および韓国、台湾、タイ、シンガポール、インドネシア、フィリピン、マレーシア、オーストラリア株がインターネットで売買できる。








香港 投資実践マニュアル



はじめに

本書では、香港の代表的なオンライン証券会社である


KGI 証券とBOOM 証券



を例に、口座開設と取引方法を具体的に解説しています。


すでに香港内に銀行口座をお持ちの方であれば、本書を参考にしつつ、日本からメールオーダーでこれらの証券会社に口座を開設し、香港株・中国株をはじめとして、世界の株式市場に投資することができます。


H 株やレッドチップスなど、香港の株式市場に上場されている中国株は日本の証券会社でも売買できますが、現地の取次証券会社に支払う現地手数料のほか、国内の証券会社の売買手数料も別途必要になります。


それに対して香港の証券会社に直接、
口座を開設すれば、国内手数料は不要です。


銀行と証券の垣根のない香港では、香港上海銀行やシティバンク香港などの投資口座で香港上場株式のネット取引が可能ですが、オンライン証券会社を利用することで、新たに次のようなメリットが得られます。



1. 取引手数料が安い。香港上場株式の標準的な取引手数料率は0.25%だが、BOOM証券は0.18%。

2. 管理費が不要。一般に年間3,000 円程度の管理費がかかるが、KGI 証券は管理費不要。

3. 信用取引ができる。マージン口座を開設すれば、2.5 倍までのレバレッジが可能(買いのみ)。

4. 中国B 株のオンライン取引が可能。上海・深セン両取引所に上場されているB 株が売買できる。

5. 香港の証券会社で日本株が売買可能(BOOM 証券)。

6. 世界の株式市場に投資可能。上記以外に、米国株、台湾株(KGI、BOOM とも)、韓国株、タイ株、シンガポール株、マレーシア株、インドネシア株、フィリピン株、オーストラリア株(BOOM証券) がネットで売買できる。

7. 香港の先物・オプション市場でデリバティブのネット取引が可能(KGI 証券)。

8. 香港で登録されているオフショアファンドのネット取引が可能。KGI 証券で495 本、BOOM証券で78 本。

9. MAN INVESTMENT 社のヘッジファンドのネット取引が可能。AHL など。

10. ファンドの販売手数料の割引が受けられる。KGI 証券は40% OFF、BOOM 証券は一律2%。

11. 香港市場のIPO の申込を代行してくれる。



このように、
香港のオンライン証券を活用することで投資機会が一気に広がります。

それをどのように使いこなすかは、あなた次第です。
posted by 中国株チャンス at 21:30 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港 投資実践マニュアル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。