最近の記事
2008年04月18日

香港中旅(チャイナ・トラベル香港:308/HK)

香港中旅(チャイナ・トラベル香港:308/HK)
終値 3.19香港ドル 実績PER 33.58倍

  北京オリンピック開催年の08年は、中国政府系の旅行大手が反発する手がかり材料に富む――。チベット騒乱の影響(旅行業への影響)などで株価が軟調に推移する香港中旅(チャイナ・トラベル香港:308/HK)に対しては、証券ブローカーのカバレッジが少ない状態だが、先週の決算発表後に出したメリルリンチのリポートは、複数のポジティブ要因を列挙しながら目標株価を現在値のほぼ倍に設定するという強気の内容。


確かに、五輪がボイコットされない限り同社の良好なファンダメンタルズが変調することはない。さらに、親会社資産の取得観測など潜在的な刺激材料も存在している。以下、同リポートを基に本決算を検証し、今後のシナリオを描いてみたい。


通期9割増益

  4月8日に発表された07年12月期の業績は、ほぼ市場予想通りの好結果といえる。売上高は前年比8.7%増の44億1719万香港ドル、純利益が 90.1%増の6億3397万香港ドル。主力の旅行・旅行関連業務(オンライン・チケット、テーマパーク、ゴルフ場を含む)は……
株初心者が中国株で本気で勝つ金メダル投資法【株価変動お知らせソフト付き】
posted by 中国株チャンス at 22:16 | 北京 ☀ | 銘柄ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年02月15日

平安保険の保険料収入、1月は145億2000万元

平安保険の保険料収入、1月は145億2000万元
中国平安保険(2318/HK)は14日、グループ4社の総保険料収入(中国会計基準)が今年1月、145億2000万人民元に達したと発表した。



 内訳は中国平安人寿保険公司(生命保険国内2位)が108億2000万人民元、中国平安財産保険公司(損害保険国内3位)が31億7700万人民元、中国平安健康保険公司が271万人民元、平安養老保険公司が5億2000万人民元となっている(比較なし)。
posted by 中国株チャンス at 21:10 | 北京 | 銘柄ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年01月29日

広州広船が好業績予告、07年の利益3倍増を見込む

広州広船が好業績予告、07年の利益3倍増を見込む
中国華南の造船大手である広州広船国際(317/HK)は25日、07年の本決算(中国会計基準)について、対前年の増益率が200%を上回るとの見通しを示した。

06年の純利益は2万9400万人民元(EPS:0.59人民元)となっている。


 同社株は25日、前日比11.98%高の29.45香港ドルで取引を終了した。
posted by 中国株チャンス at 07:23 | 北京 | 銘柄ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年12月29日

銘柄ピックアップ:テンセント

銘柄ピックアップ:テンセント
終値 56.00香港ドル 実績PER 92.87倍

  さえない値動きが続くインターネット大手の騰訊控股(テンセント: 700/HK)は、タイミング的に買い場が近づいたと見るべきか――。



10月下旬に高値の72.80香港ドルをつけて以降、全体相場の下げにあわせて急落した同社株は、11月中旬に一時50ドルを割り込む場面もみられた。



12月中旬からはやや持ち直しながらも、現在の株価は高値を約25%下回る水準。




依然として戻りの勢いが乏しいのは、好調だった07年第3四半期a(7−9月)の反動で、第4四半期(10―12月)の業績がやや伸び悩む傾向にあるためだ。




ただ、インスタント・メッセンジャー(IM)のユーザー数が中国最大(9月末時点で加入者数7億1530万件、アクティブユーザー数2億8870万件)という優位性を生かし、広告、オンラインゲーム部門は08年から急ピッチな成長を遂げる可能性が高い。



それが市場で意識されるにつれ、
株価も反発基調に転じることが期待できよう。



  好調だった第3四半期(7−9月)は……
ユナイテッドワールド証券
posted by 中国株チャンス at 08:58 | 北京 | 銘柄ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広州本田汽車の生産・販売目標、08年は34万台に設定

広州本田汽車の生産・販売目標、08年は34万台に設定
駿威汽車(デンウェイ・モーターズ:203/HK)傘下の広州本田汽車は27日、08年の生産・販売目標を前年比15.3%増の34万台(07年通年見通しは29万5000台)に設定すると発表した。



車種別では「アコード」が17万8000台、「オデッセイ」が4万2000台、「フィット」と「シティ」が 6万台ずつとする。
 


引き続き既存シリーズの新型車を販売するほか、2010年までに自社ブランドを投入する。


将来的には生産・販売年産台数を100万台に引き上げる計画。


 デンウェイ株は27日、
前日比1.82%高の5.04香港ドルで取引を終了した。
ユナイテッドワールド証券
posted by 中国株チャンス at 08:52 | 北京 | 銘柄ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年08月30日

北京控股(北京エンタープライズ:392/HK)

北京控股(北京エンタープライズ:392/HK)
終値 32.60香港ドル 実績PER 62.69倍

  北京市政府系のコングロマリットが業務の主軸をガスに移す――。

ビール、高速道路、水道事業を広範に手がける

北京控股(北京エンタープライズ:392/HK)は、

今年上半期に親会社から北京燃気(北京ガス)を買収したことで、
将来の輪郭がはっきりしはじめています。ユナイテッドワールド証券で中国株を始めてみませんか?
posted by 中国株チャンス at 06:38 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年07月13日

銘柄ピックアップ:中国地産

銘柄ピックアップ:中国地産


小型不動産デベロッパー


中国地産(チャイナ・プロパティ:1838/HK)に切り返し期待――。


今年2月の上場以来、IPO公募価格(3.60香港ドル)を割り込んだままさえない値動きが続いていた同社に対し、主幹事のメリルリンチが出遅れ感を指摘しはじめた。


株価が純資産価値(NAV)を大きく下回る水準で推移している上、地盤の上海で不動産市況が回復している状況をポジティブ評価したため。


オーナーが保有する北京の優良物件について、
同社に譲渡される可能性が強まっていることも刺激材料だ。

 上場幹事のメリルリンチは先月14日付のリポートで、
同社の目標株価を5.0香港ドルに設定。

◆NAV/株を6.32香港ドルに見積もれば、株価が約50%のディスカウント水準にあると考えられる、

◆上海の市況回復を受けて、保有資産の価値が増加している


――ことなどを理由に、
株価が割安に放置されているとの見方を強調した。


 上海に保有する資産の内訳は、賃貸住宅を主力とする協和城(Concord City:南京西路、総面積39.7万平米)と分譲住宅を主力とする康城(Cannes City:閔行区、総面積79.8万平米)の2物件。


いずれも賃貸、分譲状況が良好なため、
メリルの主張には一定の説得力があるといえそうだ。

 ここで、上海の回復ぶりを改めて確認してみよう。今年に入ってからは、新築マンション物件の平均単価が……
posted by 中国株チャンス at 08:08 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2007年07月07日

新鴻基公司

銘柄ピックアップ:新鴻基公司
2007/07/06(金) 18:38


新鴻基公司(サンフンカイ:86/HK)


終値 8.35香港ドル 実績PER 23.05倍



香港の中堅金融グループ

新鴻基公司(サンフンカイ:86/HK)に戻りピッチ加速の期待――。


株式市場の上昇を追い風に香港の上場ブローカーが軒並み買われるなか、新鴻基証券金融(サンフンカイ証券などで構成)を傘下に置く同社の割安感を指摘する見方が強まってきた。


香港経済日報は先週末の投資コラムで、上場各社(約20銘柄)の中にあって同社のバリュエーションが際立って低いと指摘。


昨年後半に急伸した後、今年前半にかけて低迷が続いた同社株について、明らかな割安水準にあると強調した。


グループ中核部門のサンフンカイ証券は、弊社に現地ニュース(メルマガの「現地ホット情報」など)を提供する地場の有力手ブローカー。大手不動産デベロッパー、新鴻基地産発展(サンフンカイ・プロパティーズ:16/HK)の関連会社と混同する日本人投資家が少なくないが(以前は一部関係があったが、現在は資本を含めて一切関係ない)、地元では知名度のある独立した金融グループとして認められている。


以下、経済日報の記事を基に
同社株の値ごろ感を改めて検証してみたい。



市況上昇が追い風

  証券ブローカーの株価が軒並み上昇している背景には(値上がりトップ上位10銘柄の株価は、ここ半年間の平均で 2.36倍に達した)、いうまでもなく香港マーケットの活況がある。


主要指数がそろって最高値を更新する中、今年上半期の売買代金は前年同期比82%増の 7兆13億香港ドルに膨らんだ。


ブローカー各社の業績も、
市況に比例して大きく好転するというわけだ。



  しかしながら、新鴻基の6月末の株価は、
昨年末に比較して10%超の下げを記録している。


これは、昨年後半に急伸した反動と考えられるが(昨年通年で2.4倍上昇)、同業で時価総額が最大という(香港ブローカー銘柄全体の27%を占める)地場の代表銘柄であるにもかかわらず……
中国株の第一人戸松信博が
中国株で1億円を獲得するプロジェクトを実施中!
半年で倍増のパフォーマンス!実績で差別化!

詳細は今すぐ ココをクリック!
posted by 中国株チャンス at 10:25 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。