最近の記事
2007年04月24日

香港市場の特徴

香港市場の特徴
香港市場は優良企業が数多く上場する魅力ある市場ですが、日本の株式市場と異なる点も多く、仕組みはやや複雑です。

そこで、中国株に投資する上で
知っておきたい香港市場の特徴を解説します。


香港市場の成り立ち

1997年にイギリスから中国に返還された香港ですが、香港の株式市場は、19世紀末にはその原型が誕生し、返還前からアジアを代表する金融センターとして成長してきました。

中国政府も本土企業の国際化や国際資本の導入を進める上で、香港市場の活性化に注力しています。そのため、本土企業は次々と香港市場に上場することで、グローバルな資金調達を目指しているのです。


ここで香港市場について整理しておきましょう。


まず、香港市場には、
一般企業向けの「メインボード」と新興企業向けの「GEM」という2つの市場があります。

さらに香港株は、「H株」「レッドチップ」「その他の香港銘柄」という3種類に大別され、これらの銘柄はメインボードまたはGEMに上場していることになります。


 香港市場の指数

本土市場と香港市場では、それぞれに市況を測るための指数が存在します。ここでは香港市場の主な指数を紹介します。
 
 ハンセン指数

香港市場全体の株価動向を示す指数で、香港市場における「日経平均株価」のようなもの。不動産・商工業・金融・公益の4業種から選択した36銘柄で構成。


 H株指数

H株銘柄のうち、
代表的な37銘柄を時価総額で加重平均して指数化したもの。

 レッドチップ指数

レッドチップ銘柄から選定された
31銘柄を時価総額で加重平均して指数化したもの。


日本の株式市場との違い

中国株の取引においては、日本株の取引と異なる点があります。違いを理解するために、東京証券取引所と香港証券取引所を比較してみましょう。


           香港証券取引所

始値の決定方法   プレ・オープニングセッション
           (10:30〜11:00)


           東京証券取引所          

            板寄方式



           香港証券取引所
立会時間 前場   11:00〜13:30
      後場   15:30〜17:00
    
           東京証券取引所
      前場   9:00〜11:00
      後場   12:30〜15:00
         
           香港証券取引所
値幅制限         なし
       ※銘柄により特別な制限が設けられることもある

           東京証券取引所
             あり


 用語説明

プレ・オープニングセッション

公平な始値を決定すること、取引システムの負荷を軽減することを目的として前場開始前に行われるセッション(取引)です。



posted by 中国株チャンス at 07:58 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 香港市場の特徴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。