最近の記事
2008年02月15日

香港後場◇アジア株下げ縮小、ハンセンは-190P

香港後場◇アジア株下げ縮小、ハンセンは-190P
香港市場の前場(11:00〜13:30)は下げ幅を縮小して終了した。


とくにH株指数が朝方-311ポイントまで下落したが、前場終値は-123ポイント。


先ほど後場(15:30〜17:30)が始まり、現在のH株指数は小幅プラス。同指数構成銘柄では海運、セメント、アルミ、石炭と市況関連が一段高。一方、保険、銀行、電力が安い。NY原油が再び95ドル/バレルと上昇しており、エネルギー関連に影響。今朝はベトナムが今年の石炭輸出を30%削減して国内にまわすと政府が発表、ますます石炭不足に拍車か。



・午後はアジア市場全般に下げ幅を大きく縮小中。ただ、香港では本土市場が下げているのが多少気がかり。本土では1月のマネーサプライがかなり高い伸びをみせた(M2は+18.9%)ことで改めて引き締め策が展開されるのでは、との懸念する向きも。



・香港の昼休み時間に地元の準大手行・東亜銀行(23)が07年12月期純利益は20.5%増の41.4億HKドルと発表。アナリストの事前予想(ブルームバーグ調べ)通りの数字。株価は-1.3%。



<アジア各市場の動き>
香港では ハンセン指数 -0.8% ,H株指数 +0.2% ,レッドチップ指数 -0.0% ,GEM指数 +0.7% 。 その他のアジア市場では 日経平均 -0.0% ,上海総合指数 -1.8% ,中国CSI300指数 -1.9% ,韓国KOSPI -0.2% ,台湾加権指数 +0.1% ,シンガポールST指数 +0.3% ,インド・センシティブ指数 -0.7% ,豪州ASX200指数 -1.4% ,タイSET -1.1% ,ベトナムVN指数 -0.9% など(いずれも直近時点)。


posted by 中国株チャンス at 21:14 | 北京 | マーケットナビ香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。