最近の記事
2008年01月29日

前場終了◇落着き取り戻す、ハンセン+549P

前場終了◇落着き取り戻す、ハンセン+549P
中国株専業インターネット証券



アジア市場は昨日までの乱高下からは多少落ち着いた展開で、昨日休場の豪州以外は反発している。香港市場も前場(11:00〜13:30)は売り物をこなしながらも引けにかけて買い戻し。本土市場も落ち着きを取り戻し、不動産や石炭中心にプラスで引けた。昨日ストップ安の保険も小反発。

・香港では幅広くセクターに買いが入っているが、米国依存度の高い銘柄が買い戻し。商社のリー&フン(494)が+4.4%、アパレルのエスプリ(330)が+4.2%。エスプリは明日発表予定の12月中間決算への期待も。昨日来、人気化している石炭は神華(1088)が+3.4%、チャイナコール(1898)が+3.3%。海外金市況が高値更新中で、ズージン(2899)が+3.5%と反発。



<アジア各市場の動き>
香港では ハンセン指数 +2.3% ,H株指数 +2.1% ,レッドチップ指数 +1.9% ,GEM指数 -0.7% 。 その他のアジア市場では 日経平均 +2.6% ,上海総合指数 +0.7% ,中国CSI300指数 +0.8% ,韓国KOSPI +0.5% ,台湾加権指数 +0.7% ,シンガポールST指数 +0.9% ,インド・センシティブ指数 +1.5% ,豪州ASX200指数 -2.4% ,タイSET +1.7% ,ベトナムVN指数 +3.4% など(いずれも直近時点)。


posted by 中国株チャンス at 21:46 | 北京 | マーケットナビ香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。