最近の記事
2007年10月06日

マーケットウォッチ:IPO編

マーケットウォッチ:IPO編
北京の民営不動産デベロッパーが好スタートへ


  北京拠点の中堅デベロッパーが華々しくデビューか――。


週明け(8日)に上場するSOHO中国(SOHOチャイナ:410/HK)は、IPO公募の申込み倍率が168倍に達するなど高い人気だ。


潘石屹・董事長が創業した同社は、

中央ビジネス地区(CBD)の
東側に76万平方米の用地を保有し、
住宅物件や商業物件を開発している。


先週上場した渤海湾のデベロッパー、遠洋地産控股(サイノオーシャン・ランド:3377/HK)も公募価格を42%上回る初値を記録したことから、同社に対しても好スタートの期待が高まってきた。


日本時間の18:30現在、グレーマーケット(上場前の相対取引)価格はIPO公募価格を22%上回る10.10香港ドルで推移するなど、高く寄り付くことが予想されているが、北京五輪のテーマ性がクローズアップされれば上場後も好パフォーマンスが見込まれよう。
ユナイテッドワールド証券で中国株を始めてみませんか?


【中国マーケット情報の最新記事】
posted by 中国株チャンス at 10:56 | 北京 ☔ | 中国マーケット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。