最近の記事
2007年07月31日

ハンセン銀の中間期は4割増益

ハンセン銀の中間期は4割増益(詳報)
(香港  2007-07-31 09:59:23)

 銀行大手の恒生銀行(ハンセン銀行:11/HK)は30日、

07年6月中間期の純利益が前年同期比43.2%増の88億6700万香港ドル(EPS:4.62香港ドル)に達したと発表した。


 営業収益は29.7%増の160億7200万香港ドル

 1株当たり2.20香港ドルの中間配当を実施する。


 利息収入が増加。

純利ザヤが2.1%に拡大(0.1ポイント↑)し、正味受取利息は21%増の67億香港ドル(対営業収益比率は41%)に達した。


非利息収入も堅調な伸び。証券ブローカー業務やプライベート・バンク業務の好調が寄与し、手数料収入は60%増の28億6200万香港ドル(同18%)に膨らんだ。


 本土事業も業績貢献。

7月から東莞市で外資系銀行として初の企業向け人民元業務を開始したことなどで、本土の商業銀行業務の正味受取利息は144.9%増を記録。


地域別税引前利益も、本土とその他が6.6倍の18億9500万香港ドルと、香港(13.1%増の66億6800万香港ドル)、北米(39%増の7億7600万香港ドル)に比べ伸びが目立った。


posted by 中国株チャンス at 20:33 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。