最近の記事
2007年07月15日

大型優良株主導で続伸

大型優良株主導で続伸、指数指数は最高値更新

 13日の香港マーケットは続伸


主要39銘柄で構成されるハンセン指数は前日比290.27ポイント(1.27%)高の23099.29ポイント、本土企業株で構成されるH株指数も163.46ポイント(1.25%)高の13200.57ポイントとそろって最高値を更新した。中資企業株で構成されるレッドチップ指数も104.45ポイント(2.40%)高の4463.83ポイントと軒並み続伸している。


 米株の最高値更新を好感。NYダウが02年10月15日以来で最大の上げ幅を記録するなか、大型優良株を中心に買いが先行した。



QDII制度を通じた本土資金の流入期待も継続。中国保険会社の運用額に占める株式投資比率について、上限が現行の5%から10%に引き上げられるとの観測が流れた。


A/H格差の縮小期待も追い風となり、
欧米など海外からの余剰資金が流入している。


ただ上値では戻り売りの圧力も強い。中国本土の景気加熱が懸念されるなか、引き締め策に対する警戒感が依然としてくすぶっている。


 中国の保険セクターが高い。


運用益の拡大を見越し、平安保険(2318/HK)が3.8%高、


中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が 1.8%高と買い進まれた。人民財産保険(PICC:2328/HK) も2.4%高としっかり。


早ければ今年末にもA株上場するとの観測が浮上している。


 通信セクターの上げも目立つ。


中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)が3.3%高と大幅続伸。


中間期の好業績を見越した継続買いが入っている(正式発表は8月中旬の予定)。中国聯通(チャイナ・ユニコム:762/HK)、中国網通集団・香港(チャイナ・ネットコム:906/HK)も強含んだ。



 石炭セクターも軒並み高。


石炭市況の上昇を追い風に、神華能源(1088/HK)が3.4%高


中国中煤能源(チャイナ・コール・エナジー:1898/HK)が 2.8%高、エン州煤業(1171/HK)が2.0%高と買い進まれた。
中国株のパイオニア ユナイテッドワールド証券


posted by 中国株チャンス at 21:25 | 北京 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。