最近の記事
2007年05月30日

経済市況ニュース台湾 5月30日

経済市況ニュース台湾 5月30日
マーケット情報
加権指数は0.42%安と、中国本土の下落を嫌気、
     8,100ポイント台で下げ渋る
(台湾  2007-05-30 18:39:47)



30日の台湾加権指数は前営業日より
34.15ポイント安の8,147.34ポイントと、下落


指数構成649銘柄のうち、上昇:190、下落:395、変わらず:64
売買代金は 941.55億台湾ドル(約 3,470億円)で、前営業日より 8.36億台湾ドル増。

時価総額は 20.02兆台湾ドル(約 73.81兆円)で、前営業日より 826.08億台湾ドル減。


加権指数の下落をリードした3銘柄は、半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造 [TSMC](2330)が0.9%安の68.0台湾ドル、電源措置及びビデオディスプレイ製品のメーカーの台達電子 (2308)が3.6%安の107.0台湾ドル、電子部品輸出の台湾最大手の鴻海精密 [ホンハイ](2317)が0.6%安の240.5台湾ドル。


今日実施された中国本土の証券取引印紙税の引き上げ(0.1%から0.3%へ)をきっかけに、中国本土株式市場が5週ぶりの大幅下落場面を見せた。その影響を受け、台湾市場も下落。


半導体メーカーの台湾茂磎(2342)が 利益確定売りに押され、3.3% 安の42.75台湾ドル、食品メーカーの味全食品(1201)が 下落、3.4% 安の25.3台湾ドル、鉄鋼メーカーの豊興鋼鉄(2015)が 続落、3.0% 安の38.5台湾ドル。


一方、個別銘柄では、好業績に支えられ、電子機器メーカーの環隆電気(2350)と小売チェーンストアの統一超商 (2912)がともに年初来最高値更新、それぞれ6.8% 高の 24.25台湾ドル、5.9% 高の94台湾ドルで取引を終え、パソコンの製造大手の英華達 (3367)が 底打ちの反発、5.5% 高の65.6台湾ドル。


今日のポイントは、半導体メーカーの揚智科技(3041)。 30日の終値は前営業日より 2.7% 高の72.8台湾ドル。売買回転率が90.54%、時価総額が188.63億台湾ドル、実績PER が23.64倍、株主資本利益率ROEが28.20%。

(1台湾ドル=3.686円)


posted by 中国株チャンス at 22:08 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。