最近の記事
2007年05月30日

経済市況中国ニュース 5月30日

経済市況ニュース中国 5月30日
マーケット情報
上海総合指数6.50%安、印紙税引き上げで全面安
(中国  2007-05-30 17:17:30)


印紙税が現行の0.1%から0.3%へ引き上げられたことなどが嫌気され、
30日の本土市場は全面安の展開となった。


シノペックと浦東発展銀行が堅調に推移したものの、時価総額上位の主力株が軒並み大幅安となっているほか、最近の上昇を牽引した銘柄や業績悪化が予想される銘柄を中心に売りが膨らみ、ストップ安が相次いだ。

上海総合指数は前営業日比6.50%安の4053.09ポイントで取引を終えた。上海・深セン両市場の売買代金は4166億元、4000億元の大台を突破し過去最高を更新した。



  B株市場もA株に追随し大幅安となった。


B株の騰落数は値上がり僅か1銘柄、値下がり96 銘柄、うちストップ安は88銘柄に及んでいる。


上海B株指数は同9.00%安の302.95ポイント、深センB株サブインデックスは同8.87%安の4985.97ポイント。B株市場の売買代金は、人民元換算で上海38.42億元、深セン23.23億元。


万科企業(200002)は8.82%安、中国国際コンテナ(200039)は9.51%安、上海振華ポートマシン(900947)は9.97%安。


30日の対ドル人民元レートは7.6463。
【10万円で大きな夢を手に入れよう!!】

第二のソニー、ヤフーを見つけましょう!!!!コチラ






posted by 中国株チャンス at 22:00 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。