最近の記事
2008年06月07日

上海錦江国際実業(900914)、配当スケジュール

上海錦江国際実業(900914)、配当スケジュール
(中国  2008-06-06 11:34:31)


上海錦江国際実業(900914)、配当スケジュール
配当案:10株につき4元の現金配当
(為替レート:1米ドル=6.9895元)



最終売買日:6月13日
権利落ち日:6月16日
権利確定日:6月18日


posted by 中国株チャンス at 07:30 | 北京 🌁 | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年06月06日

ハンセン反発、通信・金融に買い戻し

ハンセン反発、通信・金融に買い戻し
5日の香港マーケットは、主力株に押し目買いが入る展開。


主要43銘柄で構成されるハンセン指数は前日比132.04ポイント(0.55%)高の 24255.29ポイントと反発した。



本土企業株で構成されるH株指数は30.72ポイント(0.23%)安の13355.04ポイント、中資企業株で構成されるレッドチップ指数も11.42ポイント(0.22%)安の5147.59ポイントと小幅に続落した。



売買金額は636億8900万香港ドルとなっている(前日:789億1600万香港ドル)。



 原油価格の続落などでインフレ懸念が後退するなか、香港市場でも買い戻しの動きが活発化した。中国本土の物価沈静化観測も追い風。



12日の発表が予定される今年5月の消費者物価指数(CPI)については、7%台に低下する可能性も指摘されている。中国商務省がまとめた食品価格統計によれば、直近は8週連続の下落となった。



 このところ急落した中国通信セクターが反発。


中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)に関しては、親会社の中国移動集団公司が今日から、中国独自3G規格「TD-SCDMA」の試験ユーザー、6万人の追加募集をはじめたばかり。


中国移動集団は今年2月にも、初期の試験ユーザー2万人を募集済み。



同社はすでに主要8都市で通信サービスに乗り出し、携帯端末、通信網、業務など多方面の計測を繰り返している。このほか食品セクターの一角が続伸。中国当局が「中小の牛乳メーカーを淘汰・整理する」と発表したことを手掛かりに、国内乳業最大手の蒙牛乳業(2319/HK)が上昇した。



 ハンセン指数、H株指数の構成銘柄に重複される中国金融セクターも相場をけん引。時価総額上位の建設銀行(939/HK)、工商銀行(1398/HK)、中国銀行(3988/HK)、中国人寿(チャイナライフ:2628/HK)が強含んだ。



石油・化学の中国石油化工(サイノペック:386/HK)グループも急伸。


同社による私有化案(TOBによる完全子会社化)の観測が再燃するなか、傘下の中国石化上海石油化工(サイノペック上海石油化工:338/HK)と中国石化儀征化繊(サイノペック儀征:1033/HK)に買いが膨らんだ。



親会社のサイノペックも、原油市況の高騰一服を手掛かりに、4.4%高と大幅上昇して取引を終えた。



 一方、石炭セクターは下げが目立つ。


山東省政府が省内の石炭生産量を増加させるとともに、7月から3カ月間、製品の臨時値下げを各石炭企業に求めたことが引き続き嫌気された。



他の省にも値下げ要求の動きが広がる恐れもある――と警戒されている。鉄鋼セクターもさえない。



石炭価格の上昇抑制策を受け、「次は鉄鋼も価格統制の対象に指定されるのではないか」とする不安心理が強まった。馬鞍山鋼鉄(323/HK)や鞍鋼(アンガン・スチール:347/HK)が売り込まれている。中国株のパイオニア ユナイテッドワールド証券






中国株情報の定番サイト
http://chinakabubu.seesaa.net/
posted by 中国株チャンス at 07:41 | 北京 🌁 | 市 況  亜州IR社提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

反発、ハンセン指数は74ポイント高

反発、ハンセン指数は74ポイント高
ハンセン指数   24196.90 +73.65 +0.31%
H株指数     13415.23 +29.47 +0.22%
レッドチップ   5165.51 +6.50 +0.13%

 5日の香港マーケットは日本時間の午前11時10分現在(日本時間)、ハンセンとH株指数がともに反発して推移している。



 ハンセン銘柄では匯豊控股(HSBC:5/HK)が0.31%高、香港電灯集団(香港エレクトリック:6/HK)が1.25%高、香港鉄路(MTRC: 66/HK)が0.75%高、中国石油化工(サイノペック:386/HK)が1.68%高、中国工商銀行(1398/HK)が0.52%高、中国銀行(3988/HK)が0.78%高。



 H株指数銘柄では、青島ビール(168/HK)が0.98%高、中国石化上海石油化工(サイノペック上海石油化工:338/HK)が3.15%高、中国電信(チャイナ・テレコム:728/HK)が1.43%高、華能国際電力(902/HK)が1.03%高、エン州煤業(1171/HK)が2.06%高、中国遠洋控股(チャイナ・コスコ・ホールディングス:1919/HK)が1.33%高、上海電気集団(2727/HK)が0.92%高となっている。
posted by 中国株チャンス at 07:38 | 北京 🌁 | 市 況  亜州IR社提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2008年06月05日

香港前場◇まちまち、ハンセン+76P

香港前場◇まちまち、ハンセン+76P
昨夜の米国でダウ平均が-12ドル(−0.1%)と小幅ながら4日続落。


ナスダック総合指数は+22.6ポイント(+0.9%)と反発したが、
今朝のアジア市場はこれにどう反応すれば良いか戸惑い気味で、
小動きまちまち。


日本株は日経平均が-99円と小反落。中国本土市場は下落一服。



・昨日売り込まれたセクターの中で通信と石炭は反発。チャイナテレコム(728)は通信再編に際し、最大500元の補助金を得る可能性がある、との一部報道を否定したが、同社に戦略的パートナー関係を持ちかける企業が多いとコメント、+2.0%と市場は好反応。



チャイナモバイル (941)も+0.4%。昨日、石炭3位のヤンジョウコール(1171)が地元の山東省から価格抑制を指示されたことで-8.9%と売り込まれたが、本日は+1.7%。



ただ、楽観はできず、他省でも同様なことがある可能性もあり、業界トップの神華(1088)は昨日-4.9%、本日-0.9%。


 ただ、こららを除くと、香港市場全般に小動きまちまち。
あなたの注文が香港証券取引所へ直行。取扱銘柄数は業界トップクラス、日本の祝日も取引OK!!
posted by 中国株チャンス at 20:24 | 北京 | マーケットナビ香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

昨日の中国、香港、米国:ADRジリ安

昨日の中国、香港、米国:ADRジリ安
昨日の香港市場:政策に翻ろう、ハンセン-252P


香港市場は乱高下の一日。


ハンセン指数は寄り付き直後と後場寄りにプラス領域に反発したが、終盤は再び軟化。

結局、2日続落で7営業日前、つまり先週月曜日水準まで下落した。 


この日は政府の価格抑制政策に翻ろうされた格好。


物価抑制のために鉄鋼製品と、一部地域の石炭価格を抑えるよう指示があり、中国本土、香港とも関連銘柄が一斉安となった。


石油も国内価格抑制との観測から引き続き軟調だった。



一方、こうした措置で恩恵を受けるとみられる電力が買われた。


posted by 中国株チャンス at 20:21 | 北京 | マーケットナビ香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

税関:今年の貿易アンバランスは改善される見通し

税関:今年の貿易アンバランスは改善される見通し
(中国  2008-06-05 11:38:59)


中国税関総署によれば、今年は貿易アンバランス(輸出超過)が改善される見通しであることがわかった。


要因として、引き締め政策の成果、人民元の切り上げによる輸出減少、米国サブプライムローン問題を受けた外需の低迷、及び内需増、一次製品輸入額の増加などをあげている。(上海証券報)
わずか数万円で投資可能な中国株の推奨株数多く取り揃えてあります。
posted by 中国株チャンス at 20:14 | 北京 | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

麗珠医薬グループ(200513)、B株の買戻しへ

麗珠医薬グループ(200513)、B株の買戻しへ
(中国  2008-06-05 11:38:28)

麗珠医薬グループ(200513)は4日、
B株の買戻しを予定していることがわかった。


買い戻し価格は一株当たり16.00香港ドル以下、
株購入金額は1.6億香港ドル以下の予定。(上海証券報)
posted by 中国株チャンス at 20:12 | 北京 | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

万科企業 (200002)、配当スケジュール

万科企業 (200002)、配当スケジュール
(中国  2008-06-05 11:37:59)

万科企業 (200002)、配当スケジュール
配当案:10株につき1元の現金配当
10株につき6株の無償配当

最終売買日:6月13日
権利落ち日:6月16日
権利確定日:6月18日
新株上場日:6月19日

同社の2008年5月の販売床面積は58.3万平方メートル(前年同期比5.5%減)、販売額は 53.4億元(同13.4%増)となっている。
(上海証券報)
わずか数万円で投資可能な中国で成功する可能性の高い中国株、数多く推奨リストにあります。
posted by 中国株チャンス at 20:11 | 北京 | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。