最近の記事
2007年10月06日

マーケットウォッチ:IPO編

マーケットウォッチ:IPO編
北京の民営不動産デベロッパーが好スタートへ


  北京拠点の中堅デベロッパーが華々しくデビューか――。


週明け(8日)に上場するSOHO中国(SOHOチャイナ:410/HK)は、IPO公募の申込み倍率が168倍に達するなど高い人気だ。


潘石屹・董事長が創業した同社は、

中央ビジネス地区(CBD)の
東側に76万平方米の用地を保有し、
住宅物件や商業物件を開発している。


先週上場した渤海湾のデベロッパー、遠洋地産控股(サイノオーシャン・ランド:3377/HK)も公募価格を42%上回る初値を記録したことから、同社に対しても好スタートの期待が高まってきた。


日本時間の18:30現在、グレーマーケット(上場前の相対取引)価格はIPO公募価格を22%上回る10.10香港ドルで推移するなど、高く寄り付くことが予想されているが、北京五輪のテーマ性がクローズアップされれば上場後も好パフォーマンスが見込まれよう。
ユナイテッドワールド証券で中国株を始めてみませんか?
posted by 中国株チャンス at 10:56 | 北京 ☔ | 中国マーケット情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港マーケットは全面高

香港マーケットは全面高
【主要指数の引値】急反発、内外環境改善で買戻し加速

 5日の香港マーケットは全面高。主要40銘柄で構成されるハンセン指数は前日比857.54ポイント(3.18%)高の27831.52ポイント、本土企業株で構成されるH株指数は812.97ポイント(4.86%)高の17540.02ポイント、中資企業株で構成されるレッドチップ指数も190.50ポイント(3.34%)高の5886.89ポイントと値上がりした。



売買代金は1397億6300万香港ドルに達し、
前日の1475億3500万香港ドルとともに大商い。



 内外環境の改善で買戻しが膨らむ。


昨夜の米株反発を手掛かりに、このところの急落を受けて香港でも値ごろ感の出た大型優良株が急上昇した。


本土マネーの流入期待も継続している。

香港株などを投資対象とした株式運用型・適格国内機関投資家(QDII)ファンドが相次いで販売されるなか、中国本土で国慶節連休が明ける来週には本格的な買いが入るとの思惑が浮上。


投資家心理が上向く要因ともなった。香港の減税にも期待感広がる。ドナルド・ツァン政務司長官が10日予定の施政方針演説で、法人税の引き下げなどを発表するとの観測も流れている。


 大型優良株が軒並み高。


中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)が2.6%高、匯豊控股(HSBC:5/HK)が1.2%高で引けた。不動産セクターは長江実業(チョンコン: 1/HK)が5.3%高、新鴻基地産発展(サンフンカイ・プロパティーズ:16/HK)が6.5%高などそろって値上がり。香港交易所(香港証券取引所:388/HK)と思捷環球控股(エスプリ:330/HK)もそれぞれ6.9%高、6.0%高と急伸した。



 H株も全面高。


時価総額ウェイト上位の銀行セクターに買いが入り、建設銀行(939/HK)が1.7%高、中国銀行(3988/HK)が2.3%高、工商銀行(1398/HK)が4.7%高、交通銀行(3328/HK)が4.4%高、招商銀行(3968/HK)が3.2%高、中信銀行(998/HK)が 1.4%高と上昇した。保険セクターも4〜6%高と急反発したほか、自動車セクターも駿威汽車(デンウェイ:203/HK)が9.4%高となるなど買いが膨らんでいる。国際商品市況の反発を追い風に、資源・素材セクターの上げも目立つ。中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)は8.5%高と急伸した。

posted by 中国株チャンス at 10:54 | 北京 ☔ | 市 況  亜州IR社提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港終了◇引け一段高ハンセン+857、H株+813

香港終了◇引け一段高ハンセン+857、H株+813
・香港市場は3日ぶりに急反発。

引けにかけてハンセン指数、H株指数はいずれも一段高となり、ほぼ本日の高値引け。ハンセン指数は水〜木の2日間で1225ポイント下げたが、本日はその70%を取り戻した。


また、H株指数は同じく1246ポイント下げたが本日はその65%を埋めた。テクニカルリバウンドのほか、夕方に欧州市場が堅調に始まったことや、来週の中国本土市場で国慶節明けの相場にも期待か。



・本日は大型の金融株が強く、前場は世界的な銀行であるHSBC(5)が、後場は中国トップの工商銀行(1398)が買われる展開。HSBC(5)は+1.2%の150.8HKドルと昨年11月に記録した過去最高値の151.2HKドルに迫った。工商銀行は+4.7%の5.99HKドルと上場来高値を更新。このほか、チャイナライフ(2628)、チャイナモバイル(941)などの本土の優良株が人気だった。


・セクター別では銀行、保険のほか、エネルギー、金、石油、鉄鋼の上昇が目立った。石油のオイルフィールド(2883)が+11.5%、金のザオジン(1818)が+11.1%、石炭のチャイナコール(1898)が+9.2%など。非鉄の湖南有色金属(2626)が寄り後11:38amに+8.5%と急伸したあと、突如売買停止。一部の報道ではA株のIPO計画のため。また、後場にはドイツ銀行が同株の格付けを“ホールド”→“売り”に引き下げた。

・本日昼過ぎ、JPモルガンが中国銀行(3988)を“アンダーウェート”から“中立”に格上げし、目標値を4.6→5.3HKドルと引き上げた。理由は本土業務の堅調がサブプライム関連証券の損失を埋めると予想されるためで、中国銀行は+2.3%。ほかに、香港取引所(388)が米ゴールドマンサックスとシンガポール系DBSの目標値引き上げで+6.9%の244.2HKドルと10月2日の246.6HKドルに迫った。

・一方、10月9日の株主総会でKCRとの合併が承認されるとの期待で買われたMTR(66)が-2.9%と6日ぶりに反落。香港取引所役員が合併案に対する否決を呼びかけた、と伝えられたためか。



<アジア各市場の動き>
香港では ハンセン指数 +3.2% ,H株指数 +4.9% ,レッドチップ指数 +3.3% ,GEM指数 +2.6% 。
その他のアジア市場では 日経平均 -0.2% ,韓国KOSPI -0.4% ,台湾加権指数 -0.1% ,シンガポールST指数 +0.8% ,インド・センシティブ指数 +0.2% ,豪州ASX200指数 +0.6% ,タイSET +0.6% ,ベトナムVN指数 -0.6% など(いずれも直近時点)。
ユナイテッドワールド証券リサーチ
posted by 中国株チャンス at 10:52 | 北京 ☔ | マーケットナビ香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国株リアルセミナー

中国株リアルセミナー
10月20日(土)、リアルセミナー「中国株の3分の1は売ってください 〜相場展望編〜」を開催いたします。


異常なほど急騰する中国株市場。


中国は党大会、北京オリンピック、上海万博で大きな変動が予想されます。弊社アジア株アナリストのチャーリー嶋こと豊島信彦が、注目の中国株市場の相場展望について解説いたします。


弊社の中国株口座をまだお持ちでないお客様もご参加いただけるセミナーです。この機会に、ふるってご参加ください。


皆様のお申し込みを心よりお待ち申し上げております。



● 講 演:中国株リアルセミナー
  「中国株の3分の1は売ってください 〜相場展望編〜」


■ 講 師:豊島信彦(ユナイテッドワールド証券アジア株アナリスト)
クレディスイス、モルガンスタンレーなど欧米の銀行や証券会社で日本株アナリストとして活躍、アジア株アナリストとして10年以上のキャリア。
ユナイテッドワールド証券では、毎朝90秒で最新のマーケット情報を動画配信する『"チャーリー嶋″のマーケットナビ』をはじめ、デイリーのメールマガジンや注目の銘柄情報の配信が好評。
現在は、NBonline(日経ビジネスオンライン)にて中国・アジア担当として定期寄稿中。

■ ナビゲーター: 波多野里奈(ファイナンシャルキャスター)
『話せる・書ける 金融機関と個人投資家の橋渡し役 ファイナンシャルキャスター』という公平中立的な立場で、あらゆる資産運用の手段について取材し、リポートしてきた経験をもつ。
株式会社ファイナンシャルアナウンサー 代表
レギュラー番組:「ふくちゃん・りなの不動産投資学校」(ラジオ日本、毎週土曜 09:15〜)など

● 日 時:平成19年10月20日(土) 14:00〜16:00

● 参加費:無 料

● 定 員:先着150名 
※定員に達し次第、締め切らせていただきます。





中国株リアルセミナー

10月20日(土)、リアルセミナー

「中国株の3分の1は売ってください 〜相場展望編〜」
を開催いたします。



 参加ご希望の方は、ユナイテッドワールド証券よりお申し込みください。
posted by 中国株チャンス at 10:49 | 北京 ☔ | 中国株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。