最近の記事
2007年08月30日

上海総合指数1.64%安、7営業日ぶり反落

上海総合指数1.64%安、7営業日ぶり反落
(中国  2007-08-29 17:20:46)

29日の本土市場は、米国株式の大幅下落を受け、前日より50ポイント近く下げて寄り付いた。


前場で不動産、電力、小売チェーンなど関連銘柄に買いが集まり、相場は上昇に転じたものの、特別国債発行による需給悪化などが嫌気され反落した。


またシノペック、中国工商銀行、中国聯通、招商銀行など時価総額上位の主力株も軒並み軟調、上海総合指数は5200ポイント、一時 5100ポイントの大台を割る場面も見られたものの、結局前営業日比1.64%安の5109.43ポイントで取引を終えた。


CSI300指数は同1.52%安の5171.82ポイント。上海・深セン両市場の売買代金は2539億元。


B株市場で、上海B株指数は同0.04%高の313.90ポイント、深センB株サブインデックスは同 2.03%安の5697.60ポイント。


B株市場の売買代金は、人民元換算で上海9.19億元、深セン6.10 億元。



中間決算を発表した江鈴汽車(200550)、九龍山(900955)、浙江東南発電(900949)はそれぞれ、1.79%安、0.71%安、0.33%高、筆頭株主からの借り入れを発表した深センテルス(200025)はストップ高


そのほか万科企業(200002)は4.00%安、中国国際コンテナ(200039)は2.21%安、上海振華ポートマシン(900947)は1.58%安。

29日の対ドル人民元レートは7.5541


posted by 中国株チャンス at 06:55 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東風汽車(香港:489)、上半期決算発表

東風汽車(香港:489)、上半期決算発表(速報)

東風汽車(東風汽車集団 香港:489)は8月29日、

2007年上半期(1〜6月)決算を発表した。

売上高: 28,809百万元 (前年比 23.74%増)
純利益: 1,945百万元 (同 74.6%増)
一株当り純利益(EPS): 0.2257元 (同 74.56%増)
中間配当: な し
posted by 中国株チャンス at 06:52 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 決算情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港終値◇H株下落-261P

香港終値◇H株下落-261P
アジア市場は米国株安に加えて円相場の反発が警戒され一斉に売られたが、午後に徐々に下げ幅が縮小、韓国(KOSPI指数)などはほぼ下げた分を戻した。



日経平均も一時は-457円まで売られたが終値は-275円。


中国本土市場では8日ぶりに反落。連日の上昇に対する警戒感に加え、財務省が人民銀行に対して特別国債6000億元を発行したと報道されことに警戒感。


・香港市場はこうした外部環境を嫌気して下落。HSBC(5)と中国海洋石油(883)が指数の下落を先導した。


ただ、周辺市場同様に後場には買戻しの動きがみられた。ハンセン指数は-343ポイント(−1.5%)下げたが、前場終値と比較して37%戻した。H株指数は-261ポイント(−1.9)で終了、前場終値より53%回復した。


・個別では昨夜
4.8倍の増益との好決算を発表したエアチャイナ(753)が+4.4%。

アンガン・スチール(347)はA株の増資が認可されたと発表、
+3.3%と5日続伸。



半面、AH格差解消で注目されたダータン国際(991)は利益確保の売りがで-10.3%と下落。
posted by 中国株チャンス at 06:50 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケットナビ香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイナ・テレコムの中間期は5%減益

チャイナ・テレコムの中間期は5%減益

中国電信(チャイナ・テレコム:728/HK)の07年6月中間期

売上高:886億2400万人民元(前年同期比1.5%増)
純利益:134億8200万人民元(前年同期比4.8%減)
EPS:0.17人民元(前年同期も同じ)
配当:なし
posted by 中国株チャンス at 06:47 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 決算情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港マーケット 急落

香港マーケット 急落

29日の香港マーケットは、外部環境の悪化を嫌気して続落


主要39銘柄で構成されるハンセン指数は前日比343.16ポイント(1.47%)安の 23020.60ポイント、本土企業株で構成されるH株指数は260.85ポイント(1.87%)安の13688.80ポイント、中資企業株で構成されるレッドチップ指数も80.56ポイント(1.72%)安の4590.18ポイントと値下がり。


売買代金は前日の
1229億4200万人民元から1042億 1300万香港ドルに縮小した。


 サブプライム・ローン問題のマイナス影響がクローズアップされるなか、米景気の減速懸念が再燃している。


円キャリートレードの巻き戻し観測もネガティブ要因。日本円の対米ドルレートが114円台に突入するなど上昇したことで、香港市場をはじめとする新興マーケットからの資金流出が加速するとの思惑も浮上した。


ただ人民元の対ドルレートが為替改革後の最高値を更新するなか、中国株の一角は押し目買いが入り下落幅が縮小している。


中国個人投資家による香港株・直接投資の解禁も追い風。本土マネーが近く、本格流入するとの期待感が持続し、中国銘柄の一角は後場、下げ渋る展開となった。


 電力セクターの下げが目立つ。


中国国際電力(2380/HK)はこの日、中間期の業績悪化を警告。燃料炭価格の高騰が重しとなっているほか、20%出資の上海電力(600021/SH)が発行した転換社債・派生商品の評価損が膨らんでいることを明らかにした。同社株の急落をきっかけに、電力株全体にポジション調整の売りが広がった。決算発表を終えたばかりの江西銅業(358/HK)、イ柴動力(ウェイチャイ・パワー: 2338/HK)も急落して引けた。


 一方、中国銘柄の一角は堅調。出遅れ銘柄の物色が継続するなか、AH株格差の縮小を見越し、本土・香港同時上場銘柄の一部が買われた。


青島ビール(168/HK)、鞍鋼(アンガン・スチール:347/HK)が大幅高。中間期の6割増益に加え、A株上場の計画を打ち出した中海油田服務(2883/HK)も急伸し、7.9%高で取引を終えた。


 中国の航空セクターも逆行高。国際航空(753/HK)と南方航空(1055/HK)がともに上昇した。国際航空は昨夜、中間期の増益率が243%を記録したと発表したばかり。


業界再編の見通しにも言及し、具体的なスケジュールは存在しないものの、国策に合わせて同業他社と合併する可能性もあるとコメントした。同社親会社の中航集団は売買停止中の東方航空(670/HK)の筆頭株主でもある。


 他の個別動向では、香港を基盤とする通信キャリアの数碼通電訊集団(スマートーン・テレコミュニケーションズ:315/HK)が12.4%の逆行高。


昨夜報告した本決算では125%増益を発表したほか、特別配当を実施することも明らかにしている。


また香港で「CDMA2000」「ワイマックス(Wimax)」のライセンス入札に参加する可能性もあると説明した。中国株のパイオニア

posted by 中国株チャンス at 06:45 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市 況  亜州IR社提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国際航空の中間期は243%増益(速報)

国際航空の中間期は243%増益(速報)

中国国際航空(753/HK)の07年6月中間期


売上高:216億8444万人民元(前年同期比17.9%増)
純利益:15億6857万人民元(前年同期比242.5%増)
EPS:0.132人民元(前年同期は0.049人民元)
配当:なし
posted by 中国株チャンス at 06:40 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 決算情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北京控股(北京エンタープライズ:392/HK)

北京控股(北京エンタープライズ:392/HK)
終値 32.60香港ドル 実績PER 62.69倍

  北京市政府系のコングロマリットが業務の主軸をガスに移す――。

ビール、高速道路、水道事業を広範に手がける

北京控股(北京エンタープライズ:392/HK)は、

今年上半期に親会社から北京燃気(北京ガス)を買収したことで、
将来の輪郭がはっきりしはじめています。ユナイテッドワールド証券で中国株を始めてみませんか?
posted by 中国株チャンス at 06:38 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 銘柄ピックアップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港マーケット 外部環境悪化で続落

香港マーケット 外部環境悪化で続落

海外マーケット急落に連れ安したが、
本土マネーの流入期待は継続している――。

本日の香港マーケットは、全面安で始まった後に大きく買い戻される展開です。米株の大幅続落を嫌気して利益確定売りが膨らみ、H株指数は一時5%安の13238ポイントまで値を下げましたが、後半に下げ幅が縮小し、結局2%弱のマイナスで引けました。


◆米景気の減速懸念が再燃する中、昨夜のNY株式が大幅続落したこと(ダウ2.1%安)、


◆円高が進んだことで(114円台で推移)、

円キャリートレードの巻き戻し懸念が増幅したこと――など外部環境の悪化が朝方の急落要因ですが、後場の値動きを見る限り、香港マーケットは他市場に比して投資マインドが冷え込んでいないと思われます。

 その背景にあるのは、書き出しで述べた本土マネーの流入期待です。中国国内の個人に対する香港株投資の解禁は……

posted by 中国株チャンス at 06:33 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 【招財】市況コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江西銅業の中間期は3%減益

江西銅業の中間期は3%減益

江西銅業(358/HK)の07年6月中間期

売上高:172億9842万人民元(前年同期比82.2%増)
純利益:20億3169万人民元(前年同期比2.8%減)
EPS:0.7018人民元(前年同期は0.7220人民元)
配当:なし
posted by 中国株チャンス at 06:30 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 決算情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。