最近の記事
2007年08月12日

北京キャピタル・ランド、最大14億株のA株発行

北京キャピタル・ランド、最大14億株のA株発行

 北京キャピタル・ランド(2868)

は8日、上海証券取引所へ最大14億株のA株上場を申請すると発表した。


 8日時点の同社H株株価は4.85香港ドルで計算した場合、調達金額は約68億香港ドル程度となる見通し。(中国証券報)


posted by 中国株チャンス at 19:42 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

チャイナ・シッピング・コンテナ、A株上場

チャイナ・シッピング・コンテナ、A株上場を申請

 チャイナ・シッピング・コンテナ(2866)

によれば、具体的な時間は未定としつつも、

今年下半期のA株上場に向け申請を行ったことを明らかにした。


 同社は前日に上半期業績を発表しており、純利益は前年同期比13.23倍の11.55億元だった。(中国証券報)
posted by 中国株チャンス at 19:40 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シノペック、法人税率15%→33%

シノペック、法人税率15%→33%

シノペック(386)は、

これまで課される15%の法人税率

07年に33%に引き上げられると発表した。


これを受けて、同社の第1四半期純利益が2.27億元減少することが分かった。(同社が4月27日に発表した第1四半期の純利益は10.7849億元だった)

出所:香港証券取引所
posted by 中国株チャンス at 19:39 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

易居(中国)控股有限公司、米上場

易居(中国)控股有限公司、米上場

 易居(中国)控股有限公司(EJ)が8日、

  米ニューヨーク証券取引所に上場した。


 IPO価格は13.8米ドル、2.01億米ドルの資金調達を行った。


 現在、ニューヨーク証券取引所へ上場する中国関連企業は計40社あり、時価総額は1兆米ドルを超えている。(中国証券報)
posted by 中国株チャンス at 19:37 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港後場◇台風で売買停止

香港後場◇台風で売買停止

香港市場は台風の影響で先ほど、


シグナル8(学校、銀行などの施設が閉鎖)が発令され、


後場(15:30〜17:30)入り直後の3:45分に売買停止となった。


香港市場の前場終値と比べH株指数の下げはやや縮小して終了。


ハンセン指数はほとんど変らず。


香港では ハンセン指数 -2.9% ,H株指数 -3.2% ,レッドチップ指数 -4.0% ,GEM指数 -3.3% 。
posted by 中国株チャンス at 19:34 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケットナビ香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米株急落に連れ安、信用不安が拡大

米株急落に連れ安、信用不安が拡大

香港マーケットは急落


主要39銘柄で構成されるハンセン指数は前日比646.65ポイント(2.88%)安の21792.71ポイントと続落。


本土企業株で構成されるH株指数は402.69ポイント(3.18%)安の12276.06ポイントと反落した。


中資企業株で構成されるレッドチップ指数が前日比 174.05ポイント(4.03%)安の4147.66ポイントと軒並み大きく値を下げた。


 外部要因が下げを主導。米サブプライム住宅ローン問題に絡む信用収縮への警戒感が強まるなか、欧米の株式市場が大きく下落した流れを引き継いだ。


円高進行による円キャリートレードの巻き戻し懸念の再燃も売りを誘う。原油市況の下落なども石油セクターの下落要因。


また熱帯低気圧(台風6号)の接近も投資マインドを悪化させた。


後場から売買が停止されるとの見方が広がるなか、朝方からポジション調整の売りが膨らむ。


この日は風雨の強まりを受け、香港証券取引所は後場開始15分後(現地時間午後2時45分)時点で株式などの取引を停止した。


 セクター別では、中国の金融関連が軟調。

工商銀行(1398/HK)が1.7%安、中国銀行(3988/HK) が2.3%安、建設銀行(939/HK)が2.6%安、中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が4.2%安、平安保険(2318/HK)が 4.3%安と軒並み売り込まれた。


ハンセン指数構成銘柄の定例入れ替えで、組み入れが予想される中国交通銀行(3328/HK)も1.4%安とさえない。


 通信、香港の銀行、不動産、原油など時価総額ウェイトの大きいセクターも揃って下落。


匯豊控股(HSBC:5/HK)が1.7%安、恒生銀行(ハンセン銀行:11/HK)が2.9%安、中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)が3.8%安、長江実業(チョンコン:1/HK)が3.0%安、中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)が3.31%安、中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が5.8%安などとなっている。


 一方、本日商いを再開した

中海集装箱運輸(中海コンテナ:2866/HK)は、3.58%の逆行高。


同社はこの日、
15億750万株を上限とするA株増資を実施すると発表したばかり。


貨物船の拡充、コンテナ運輸業務に関する資産の買収費用、運転資金、銀行ローンの返済に充当。


A株の上場後、10株保有につき5.5株の株式配当も実施する。


中国光大控股(チャイナ・エバーブライト:165/HK)は1.9%高と続伸。


傘下の光大銀行が早ければ8月中にも再編を完了し、
08年に上場すると伝えられた。
posted by 中国株チャンス at 19:31 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市 況  亜州IR社提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

10日:ハルビン動力設備の中間決算など

10日:ハルビン動力設備の中間決算など

10日
アイケーブル(1097/HK)の中間決算
ハルビン動力設備(1133/HK)の中間決算
建星環保紙品控股(8011/HK)の中間決算
玖源集団(8042/HK)の中間決算
江蘇南大ソフト(8045/HK)の中間決算
北京同仁堂科技(8069/HK)の中間決算
キャップインフォ(8157/HK)の中間決算
浙江永隆実業(8211/HK)の中間決算
上海復旦張江バイオ(8231/HK)の中間決算
CCIDコンサルティング(8235/HK)の中間決算
西北実業(8258/HK)の中間決算


11日
メディカル・チャイナ(8186/HK)の中間決算


13日
信義ガラス(868/HK)の中間決算
北京北大青鳥(8095/HK)の中間決算
交大銘泰軟件(8148/HK)の中間決算
中国消防企業集団控股(8201/HK)の中間決算
エックスチーム・ソフトウェア(8178/HK)の中間決算
重慶長安民生物流(8217/HK)の中間決算
長江生命科技(8222/HK)の中間決算
大賀メディア(8243/HK)の中間決算
天津天聯(8290/HK)の中間決算


14日
南京パンダ(553/HK)の中間決算
麗星郵輪(678/HK)の中間決算
華能国際電力(902/HK)の中間決算
中海発展(1138/HK)の中間決算
中国建築国際(3311/HK)の中間決算
ロジャム(8075/HK)の第1四半期
ゴールデン・メディテック(8180/HK)の第1四半期
深セン市元征科技(8196/HK)の中間決算
山東威高(8199/HK)の中間決算
寧波イードン(8249/HK)の中間決算


15日
九龍倉集団(4/HK)の中間決算
ハンルン・グループ(10/HK)の中間決算
ハイサン・デベロプメント(14/HK)の中間決算
永隆銀行(96/HK)の中間決算
ハンルン・プロパティーズ(101/HK)の中間決算
香港証券取引所(388/HK)の中間決算
リー・アンド・フォン(494/HK)の中間決算
テンセント・ホールディングス(700/HK)の中間決算
サイノペック冠徳(934/HK)の中間決算
聯華超市(980/HK)の中間決算
天津創業環保(1065/HK)の中間決算
IDSグループ(2387/HK)の中間決算
紫金鉱業集団(2899/HK)の中間決算
金鷹商貿集団(3308/HK)の中間決算
世紀陽光(8276/HK)の中間決算


16日
中電控股(2/HK)の中間決算
永亨銀行(302/HK)の中間決算
広州広船国際(317/HK)の中間決算
馬鞍山鋼鉄(323/HK)の中間決算
中国工商銀行・亜州(349/HK)の中間決算
中国海外発展(688/HK)の中間決算
中興通訊(763/HK)の中間決算
世茂房地産控股(813/HK)の中間決算
チャイナ・モバイル(941/HK)の中間決算
長江インフラ(1038/HK)の中間決算
ロードキング・インフラ(1098/HK)の中間決算
成都普天ケーブル(1202/HK)の中間決算
中国平安保険(2318/HK)の中間決算
交通銀行(3328/HK)の中間決算


17日
山東墨龍(568/HK)の中間決算
彩星集団(635/HK)の中間決算
広州薬業(874/HK)の中間決算
安徽コンチセメント(914/HK)の中間決算
中国神華能源(1088/HK)の中間決算
エン州煤業(1171/HK)の中間決算
上海電気集団(2727/HK)の中間決算
北京首創置業(2868/HK)の中間決算
posted by 中国株チャンス at 19:27 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケットカレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

権利付最終日(予定)

権利付最終日(予定)

10日
神州数碼控股(861/HK)

1株当たり0.0828香港ドルの期末配当


福記食品(1175/HK)

1株当たり0.104香港ドルの期末配当

posted by 中国株チャンス at 19:25 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケットカレンダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スワイヤ・パシフィック、中間期は6割増益

スワイヤ・パシフィック、中間期は6割増益

不動産を中核とする

太古公司(スワイヤ・パシフィックA:19/HK

は9日、07年6月中間期の純利益が57.8%増の124億9300万香港ドル(EPS:8.18香港ドル)に達したと発表した。


 営業利益は59.5%増の128億14400万香港ドル、売上高は9.9%増の103億3800万香港ドル。

1株当たり0.90香港ドルの中間配当を実施する。


 本業の伸びが目立ったほか、特殊要因が利益かさ上げ。

保有不動産の再評価益は56.4%増の88億9500万香港ドルに拡大した。

蛇口集裝箱碼頭の権益など
子会社の売却益も11億2200万香港ドルを計上。


再評価益の影響を除い場合、
対前年同期比の利益は51%増の52億6000万香港ドルとなる。


 部門別では、主力の不動産が好調。売り上げが2.21%増の30億4500万香港ドル、営業利益が45.7%増の108億8600万香港ドル。


香港でのオフィスビル、
商業用物件の需要拡大が追い風となり賃貸料収入が17%伸びた。


航空はドラゴンエアの完全子会社化を受け、営業利益が28.3%増の13億 2200万香港ドルに拡大。

飲料部門は中国本土の売り上げを計上して増収・増益となった。


 同社株は9日、前日比1.47%安の87.20香港ドルで取引を終了。
posted by 中国株チャンス at 19:20 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 決算情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホンコン・エレクトリック、中間期は7%増益

ホンコン・エレクトリック、中間期は7%増益

香港の電力大手である

香港電灯集団(香港エレクトリック:6/HK

は9日、07年6月中間期決算の純が前年同期比7.3%増の26億6000万香港ドル(EPS:1.25香港ドル)に上ったと発表した。


 営業利益は3.0%増の36億200万香港ドル、売上高は3.3%増の58億4100万香港ドル。1株当たり0.58香港ドルの中間配当を実施する。


 増収率が小幅にとどまる。香港の天候不順と複数の省エネ政策が響き、香港での電力販売量は1.5%増と伸び悩んだ。


景気拡大の鮮明化を受け、ピーク時電力の需要量は2455メガワット(前年同期は2434メガワット)を記録したものの、全体では売電量の増加幅が限定的となった。


 地域別の営業利益は、香港が4.6%増の23億7400万香港ドル。


ラマ島発電所の9号ユニットが
10月から商業運転を始めて発電増に貢献した。


一方、海外事業は 36.8%増の2億8600万香港ドルに拡大。


出資するノーザン・ガス・ネットワークスが利益水準を押し上げた。

 同社株は9日、前日比1.17%安の38.15香港ドルで取引を終了。
posted by 中国株チャンス at 19:17 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 決算情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄鋼と石炭の上昇トレンドが鮮明化

業界リポート:素材セクター

秋口から年末にかけての素材の市況は、全般に堅調な動きが想定されるが、特に

鉄鋼と石炭の上昇トレンドが鮮明化すると思われる。


鉄鋼の価格は、生産量の急ピッチな拡大にもかかわらず5月以降に一貫して値上がり基調を維持。


中国国内を中心に、旺盛な需要が市況を支えている格好だ。


石炭も強い。

豪州で価格の上昇が顕著になるなど、内外の需給がひっ迫しはじめた。

銅やアルミも当面は強含むとの見方が多い。


鉄鋼好調


  汎用品の棒鋼・線材が7月末に4年ぶりの高値をつけるなど、
中国の鉄鋼価格が上昇のピッチを速めている。


国内需要の拡大が続いていることに加え…
posted by 中国株チャンス at 19:09 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市 況  亜州IR社提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米金融不安の再燃で反落

米金融不安の再燃で反落

最後の堪え(こらえ)どころか――。


本日の香港マーケットは、米サブプライム住宅ローン問題に絡む信用収縮懸念が再燃する中、欧州や米国の株式市場が大きく売られたことを嫌気して下値を探る展開となりました。


  一昨日(8日)に当面の底入れが確認されたと思われていたものの、昨夜のNYダウが387ドルの下げを記録した直後では、さすがに狼狽売りが相次いだようです。


  昨日の本欄で、「仏金融グループ最大手のBNPパリバが『米サブプライム住宅ローンの信用低下を考慮し、ファンド3本の価格算出(基準価格の公示)や……
posted by 中国株チャンス at 19:05 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 市 況  亜州IR社提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。