最近の記事
2007年07月25日

上海総合指数2.70%高

上海総合指数2.70%高、4300ポイントの大台を突破
中国  2007-07-25 18:55:12)

25日の本土市場は小幅高で寄り付いたあと、後場に入り交通銀行や中信銀行など銀行関連銘柄が大幅高、そのほか石炭、エネルギー、公共事業など関連銘柄を中心に買いが集まり、相場は全面高の展開となった。


上海総合指数は4300ポイントの大台を突破、大引けにかけ上げ幅を拡大し、前営業日比2.70%高の4323.97ポイントで取引を終えている。上海・深セン両市場の売買代金は1962億元


B株市場で、上海B株指数は同3.55%高の309.32ポイント、深センB株サブインデックスは同 0.19%高の6244.56ポイントで取引を終えた。


B株市場の売買代金は、人民元換算で上海16.06億元、深セン12.27億元。



上半期決算で増益の見通しを発表した

広東高速道路(200429)は4.37%高、

開発用地の落札を発表した江蘇新城不動産(900950)は4.43%高、そのほか万科企業(200002)は0.21%安、中国国際コンテナ(200039)は0.58%安、上海振華ポートマシン(900947)は2.72%高。


25日の対ドル人民元レートは7.5547
香港に行かずに日本にいながらHSBC香港の口座開設


posted by 中国株チャンス at 21:49 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上半期、上海のGDP成長率13%増

上半期、上海のGDP成長率13%増
(中国  2007-07-25 11:37:56)

 上海市統計局は24日、今年上半期の上海市のGDPは5561.91億元、成長率は前年同期比13%増だったと発表した。


今年上半期の成長率13%はここ3年で最も大きいものとなったものの、
華東地区の他地域の伸び率は14-16%となっている。(中国証券報)
posted by 中国株チャンス at 21:43 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3四半期CPI伸び率、4%到達か

第3四半期CPI伸び率、4%到達か
中国  2007-07-25 11:37:05)

 天則経済研究所によれば、中国政府は今年下半期も引き続き引き締め政策を行うものの、与える影響はそれほど大きいものにならないとの見方を示した。


また今年第3四半期の経済成長は引き続き11%前後を保つと予想、
CPI伸び率は4%に達する可能性もあると指摘している。(中国証券報)
posted by 中国株チャンス at 21:41 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国株の基礎を学ぶ

中国株入門-今だからこそ! 中国株の基礎を学ぶ

中国株のエキスパート内藤証券から、
業界初の入門講座ビデオがついに登場。

創業70周年を越えた大阪北浜の老舗・内藤証券が、業界屈指の経験を生かして中国株の投資家教育サービスにも踏み切りました。

今回の発刊ビデオはその第一弾。







中国株入門-今だからこそ! 中国株の基礎を学ぶ



内容は、中国経済・株式市場において華々しいキャリアを誇る内藤証券中国部長・田代尚機氏が講師として丁寧な解説をし、続いて取引のための実践的なトレーディング方法や口座開設手続きなどを同・中国部のネイティブ社員、劉容女史がわかりやすく説明するものです。キャスターを務めるのは現在売り出し中の内山久美子アナウンサー。講師陣の丁寧な説明を引き出しています。

現在踊り場にある中国株市場。次の成長ステージに備えて投資手法を考えるには絶好のタイミングであり、この入門ビデオの貴重さがここにあります。内藤誠二郎社長の中国株に対する同社の姿勢を表明したシーンも加え、この1枚で、投資家の皆様は中国株に対する生の知識が得られます。

日本株とは異なる要素が多いものの、現在世界で最もホットな国・中国の株式投資。知識武装の一つとして、まずは手元に置きたい映像テキストです。 中国株入門-今だからこそ! 中国株の基礎を学ぶ

posted by 中国株チャンス at 21:39 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国株厳選300銘柄 2007年上期版

中国株厳選300銘柄 2007年上期版


有力企業の最新決算・業績2期予想

上海、深セン、香港の3市場に上場されている中国株300銘柄について特色、事業構成、財務諸表、最新の業績予想などを満載。

中国株投資に必携の書。







中国株厳選300銘柄 2007年上期版



目次

まえがき
中国株投資は循環ではなく構造変化に着目
中長期投資の中核としての銀行株
上海B株企業の2006年1-9月期決算(国内基準)
深圳B株企業の2006年1-9月期決算(国内基準)
業績好調の有望銘柄
本書の見方
牽引
銘柄編
中国株取引の基礎知識
銘柄ランキング
中国株厳選300銘柄 2007年上期版

posted by 中国株チャンス at 21:34 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | これからの中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国株投資戦略

中国株投資戦略


北京オリンピック、上海万博博覧会、変動相場制への移行…
今後も中国株が注目される理由を探る!


アジア投資の先駆けである中国がふたたび飛躍の時を迎えています。

'04年にも一度、中国株&投信ブームが起こったが、北京オリンピックまであと一年あまりに迫ったいま、第二次ブームに沸いています。



一昔前まで中国株というと、ハイリスクでコワイというイメージがありましたが、市場で取引されない非流通株の問題が昨年、概ね解消されたことで安心感が強まり、一気にブームに火がついています。









DVD 中国株投資戦略 〜躍動と展望の中国〜



■プログラム

今後の中国株投資を考える

1.数字で見る中国経済・中国株式市場
2.株式投資を始めるにあたって
3.株価を決める要因
4.中国株投資のリスクは
5.個別銘柄紹介



●中国の経済成長

中国のGDP(修正後)は2002年に10兆元の大台を突破。1人あたりGDPもすでに1000米ドルを超え、「モータリゼーションの発生」、「大衆消費社会の到来」といわれる水準に達している。2005年は前年比14.3%増の1703米ドルに上ったという。

温家宝首相や国家発展改革委員会主任は、第11次5カ年計画(2006〜2010年)のGDP平均年間成長率について、目標を7.5%前後とする発言。単純に成長率を追い求める傾向を改め、高効率・省エネルギーを盛り込んだ総合的な発展を目指すという。


●日中経済規模が逆転?!

1995年から2005年にかけての10年間、日本はほぼデフレ状態にあり、ほとんど変わっていない。

一方、中国ではこの間、実に3倍にふくれあがっている。年平均成長率は13%。中国の名目GDPは推定世界第5位。


日本の50%程度の水準に達している。名目GDPが毎年10%で成長、為替が対円で3%上昇すると仮定すれば、日本がたとえ年率2%で成長しても、6年後の2012年には中国の名目GDPは日本を上回ることになる。


この計算では人民元の対米ドル基準値の2005年平均を用いたが、年末の値を使うと、日本が例え6%で成長したところで、2011年には中国に追い越されてしまう。

最初に示した条件で為替だけ5%上昇するとして計算しても、やはり2011年には逆転する。 中国株投資戦略 〜躍動と展望の中国〜
posted by 中国株チャンス at 21:30 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小富豪のための香港金融案内

小富豪のための香港金融案内

金融パラダイスがあなたを待っている!

グルメとショッピングだけじゃもったいない。


“日本にいちばん近いオフショア”

香港がディープにわかる決定版!








小富豪のための香港金融案内



Introduction 東アジア最大のタックスヘイヴンにようこそ
本書は2000年8月に発売された『ゴミ投資家のための金融シティ香港入門』の新版にあたります。旧版は出版直後から大きな反響を呼び、香港上海銀行本店やシティバンクそごう支店には連日のように同書を手にした日本人旅行者が訪れ、銀行担当者を驚かせたといいます。日本の書籍・雑誌を扱う香港そごう内の旭屋書店では1年以上にわたってベストセラーにランクインし、『地球の歩き方』以上の売れ行きと驚かれたりもしました。

それから3年、中国経済の躍進と情報通信技術の急速な進歩によって香港の金融システムも大きな変貌を遂げました。

2000年時点ではインターネットに対応していなかった香港上海銀行は、現在では本格的なネットバンキングが可能となりました。残高照会、口座間振替はもちろん、香港内送金・海外送金もインターネットで自在に行なえます。テレフォンバンキングで送金や振替の指示を出さなければならなかったことを思えば、その利便性は大きく向上ました。いったん口座を開設してしまえば、香港に行くことはもちろん電話をかける必要すらなく、日本からインターネットで口座を管理することができます。

シティバンク香港にはIPB(インターナショナル・パーソナル・バンキング)部門が新設され、日本を含む海外顧客のサポートを行なうようになりました。預金のほかに、投資口座を開設すれば香港株・アメリカ株、債券、オフショアファンド、プレミアム・デポジット、為替FXなど多様な投資が可能になります。

2001年に上海・深圳市場のB株(外国人向けの外貨建て株式)が国内投資家に開放されたことから、中国は時ならぬ株式バブルに沸きました。


中国経済の発展とあいまって、日本にも中国株ブームが訪れました。


しかし、日本の証券会社を通じて中国・香港株に投資するとどうしても手数料が割高になります。


香港のインターネット証券に口座開設すれば、
割安な手数料でネット取引ができるようになります。



本書では、日本人の利用者が多い香港上海銀行とシティバンク香港を中心に、”日本にいちばん近いオフショア“ 香港の金融機関とその使い方を具体的に紹介しています。


香港で資産運用を考える方々は、本書を手にすることでその第一歩を踏み出すことができます。


すでに香港の金融機関を利用されている方も、本書によって最新の知識を入手することができるでしょう。


その意味で、”金融シティ”香港の魅力を伝える決定版ができたのではないかと考えています。
小富豪のための香港金融案内
posted by 中国株チャンス at 21:25 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小富豪のための上海<人民元>不思議旅行

小富豪のための上海<人民元>不思議旅行

どうなる「切り上げ」!? 世紀のイベントに乗り遅れるな!


現地での銀行口座の開き方からオンライン・バンキングの使いこなし方まで、体験した者にしかわからない不思議の国の金融事情を初公開。








小富豪のための上海<人民元>不思議旅行



Introductionより
2004年末に香港を訪れた時は、人民元投資の話題で持ちきりでした。


アメリカやヨーロッパ、東南アジア諸国、もちろん日本でも人民元切り上げの時期は大きな関心を集めています。

世界じゅうの投資家が人民元に夢中になるのは、それがノーリスクハイリターン(ミドルリターン)のめったにないチャンスだと考えられているからです。



人民元は管理通貨であり、1ドル≒8.3元で米ドルと固定され、貿易など実需に基づかない資本取引は厳しく規制されています。


年率10%近い経済成長と大幅な貿易黒字によって人民元の実力は上がっていますが、それとは逆に、中華人民共和国成立後、人民元はほぼ一貫して切り下げられてきました。


その結果、人民元は明らかに割安になっており、近い将来の切り上げは不可避とされています。




小富豪のための上海<人民元>不思議旅行



目次
Introduction 不思議の国を体験しよう
体験! 中国の銀行はこんなに面白い

人民元Q&A

基礎編
Q1 人民元とはどのような通貨ですか?
Q2 人民元の取引にはどのような制限がありますか?
Q3 なぜ人民元切り上げが話題になるのですか?
Q4 人民元投資が有利だと言われる理由はなんですか?
Q5 人民元はどのくらい切り上がるのでしょうか?
Q6 人民元はいつ頃切り上がるのでしょうか?
Q7 人民元の金利はどうなっていますか?
Q8 人民元に投資するにはどのような方法がありますか?
Q9 人民元を持つにはどうすればいいですか?
Q10中国にはどのような銀行があるのですか?
Q11中国株に投資するにはどうすればいいですか?
Q12中国株ファンドに投資するにはどうすればいいですか?
Q13中国の不動産に投資するにはどうすればいいですか?
Q14それぞれの投資方法のメリットとデメリットを教えてください



実践編
Q1 人民元口座はどこで開設できますか?
Q2 人民元口座はどの銀行で開設するのがいいのでしょうか?
Q3 口座開設するなら、国内銀行と外資系銀行のどちらがいいのでしょうか?
Q4 上海と深圳とどちらで口座をつくればいいのでしょうか?
Q5 人民元はどの口座に預ければいいのでしょうか?
Q6 口座への入金はどのように行なえばいいのでしょうか?
Q7 外貨を持ち込んで人民元に交換する場合、なにか制限はありますか?
Q8 日本から中国の金融機関に送金する場合、なにか制限はありますか?
Q9 入金した人民元を外貨に交換することはできますか?
Q10中国から人民元を持ち出す場合は、どんな制限がありますか?
Q11中国国内の金融機関から中国外に送金することは可能ですか?
Q12ATMカードを使って、人民元預金を中国外で引き出すことはできますか?
Q13人民元預金の税金はどのようになっていますか?



人民元口座をつくってみよう
上海金融観光
深圳金融観光

人民元口座開設体験記
中国銀行/HSBC中国

人民元口座を使いこなそう

中国銀行 Bank of China
口座の種類
サービスの内容
口座への入金と口座からの出金
預金通帳の見方
インターネット・バンキングの利用方法

HSBC中国 The Hongkong and Shanghai Banking Corporation Limited China
口座の種類
サービスの内容
口座への入金と口座からの出金
ステイトメントの見方
インターネット・バンキングの利用方法
テレフォン・バンキングの利用方法


コラム

* 闇ドルレートの逆転
* 香港人の人民元投資
* 上海の道の渡り方
* 反日という娯楽
* スリ
* 「戸号」の謎
* 香港ドルと人民元
* 中国銀行のヒント
* 中国銀行の通帳
* PINはどこにいった?
* 上海銀行と香港上海銀行
* HSBC香港のATMカード
* 深圳の税関
小富豪のための上海<人民元>不思議旅行

posted by 中国株チャンス at 21:20 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国株投資セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

江蘇新城不動産、開発用地を落札

江蘇新城不動産、開発用地を落札
(中国  2007-07-25 11:34:08)


 江蘇新城不動産(900950)は25日、


7月20日に行われた競売で、蘇州市呉中開発区の土地3箇所(計31万384平方メートル)を9.2億元で落札したと発表した。(会社発表)
posted by 中国株チャンス at 21:11 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広東高速道路、上半期決算50-100%増益

広東高速道路、上半期決算50-100%増益
(中国  2007-07-25 11:33:12)

 広東高速道路(200429)は25日、


2007年上半期業績で
純利益が前年同期比50-100%増になるとの見通しを発表した。


 06年同期の売上高は1億6766万1255元、EPSは0.13元。


傘下の佛開高速及び出資している京珠高速、広恵高速、広肇高速などの通行料収入が堅調に伸びていることなどが増益につながったと説明している。(会社発表)
posted by 中国株チャンス at 21:09 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハンセンとH株が高値更新

業績期待で続伸、ハンセンとH株が高値更新
香港  2007-07-24 19:08:32)


24日の香港マーケットは上昇

主要39銘柄で構成されるハンセン指数は前日比107.32ポイント(0.46%)高の23472.88ポイント、本土企業株で構成されるH株指数は160.30ポイント(1.20%)高の13480.72ポイントとそろって連日で最高値を更新。中資企業株で構成されるレッドチップ指数も9.33ポイント(0.20%)高の4598.48ポイントと続伸した。


 中間期の業績期待が強まる。中間増益見通しを発表した中国銘柄が主導する格好で指数を押し上げた。本土マーケットでは上場1483社中、725社が中間期の業績見通しを発表。


うち回復・増益を見込む企業数が477社(65.8%)に達し、前年同期に強気予想を示した比率を大きく上回ったことが明らかになっている。このほか鉄鋼セクターも急伸。業界再編に対する期待感が先行した。


 保険セクターが高い。


平安保険(2318/HK)が4.0%の大幅高



同社はこの日、保険・銀行業務の好調や投資収益の拡大という追い風を受け、07年中間期の純利益(中国会計基準)が前年同期比で倍増するとの強気見通しを示したばかり。中国人寿保険(チャイナライフ: 2628/HK)も3.3%高と買い進まれ、人民財産保険(PICC:2328/HK) も小高い。


 出遅れていた鉄鋼セクターも上げが目立つ。


「A株上場の湖南華菱管線(000932/SZ)がアルセロール・ミタルに新株を割り当てる計画が認可された」と伝えられたことが刺激材料。


中間期の業績期待も手掛かりに、馬鞍山鋼鉄(323/HK)が10.6%高、重慶鋼鉄(1053/HK)が13.8%高と急伸した。


鞍鋼 (アンガン・スチール:347/HK) は20.3%高の 21.85香港ドルと急騰。ゴールドマン・サックスは最新リポートで、目標株価を11.90→ 27.00香港ドルに引き上げた。


 他の個別動向では、中国アルミ(チャルコ: 2600/HK)が5.0%高と大幅続伸。包頭アルミ(600472/SH)を正式に吸収合併したことが引き続き材料視されている。


 通信セクターはまちまち。中国電信(チャイナ・テレコム:728/HK)、中国聯通(チャイナ・ユニコム:762/HK)が上昇する一方、中国網通集団・香港(チャイナ・ネットコム:906/HK)、中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)はさえない。
posted by 中国株チャンス at 07:55 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平安保険、上期純利益は倍増

平安保険、上期純利益は倍増の見込み
(香港  2007-07-24 13:45:31)

中国第2位の保険会社である

平安保険(H株:2318、A株:601318)は、

投資リターン、銀行業務、保険業務が上向きで、上期純利益が前年同期比で倍増以上となる見込み。昨年上期純利益は39.5億元。


(会社発表による)


また、コア・パシフィック山一は
平安保険の投資判断を「ホールド」から「買い」に引き上げた。

(アイザワ証券国際部)
posted by 中国株チャンス at 07:53 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンガンなど鉄鋼株が急騰

アンガンなど鉄鋼株が急騰
(香港  2007-07-24 13:19:54)

アンガン・ニュースチール
(347)が、

日本時間13時10分現在、前日比+20%のHK$21.8。

高値は同+22.2%のHK$22.2。


ゴールドマンサックスの投資判断を引き上げ、
目標価格をHK$27にしたことが好感された。


その他の鉄鋼会社、馬鞍山鋼鉄(323)、重慶鉄鋼(1053)などもそれぞれ+8%、+11%と急騰。

(アイザワ証券国際部)
posted by 中国株チャンス at 07:51 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平安保険、中間決算は2倍増益

平安保険、中間決算は2倍増益の見通し
香港  2007-07-24 11:36:04)

平安保険(2318)は今日、

07年1-6月期中間決算の業績見通しが2倍増益になると発表した。


なお、同社は06年1-6月純利益が39億4500万元、EPS0.64元(A株発行前の株式数61億9505万3334株)だった。

07年上半期にA株11.5億株を発行したことがあり、6月30日現在の発行済株式数は73億4505万3334株となった。

出所:香港証券取引所
posted by 中国株チャンス at 07:48 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

平安保険 業績期待で続伸

平安保険 業績期待で続伸

利上げ出尽くし後は業績相場の流れ鮮明化――。


本日の香港マーケットは、先週末の本土利上げで当面の追加引締め懸念が薄らぐなか、昨日に続き中国銘柄の主導で買われる展開です。


ハンセン指数とH株指数は連日で史上最高値を更新しました。


  この日の上げを主導したのは、
タイトルの通り中間期の好業績期待が高まる銘柄群です。


その良い例は、中間期(中国会計基準)の利益倍増見通しを受けて 4%上昇した

平安保険(2318/HK)



本業の好調や投資収益の拡大を明らかにしたため、

同じセクター内で

中国人寿保険(チャイナライフ: 2628/HK)や

中国人民財産保険(PICC:2328/HK) も連れ高しました。



また、450%超の増益予想を発表した
華南の大手造船会社、広州広船国際(317/HK)も13%高と急騰です。
 

  業績期待といえば、鉄鋼セクターもこれに該当する業種ですが……
posted by 中国株チャンス at 07:27 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市 況  亜州IR社提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業績期待で続伸、ハンセンとH株が高値更新

業績期待で続伸、ハンセンとH株が高値更新

24日の香港マーケットは上昇

主要39銘柄で構成されるハンセン指数は前日比107.32ポイント(0.46%)高の23472.88ポイント、本土企業株で構成されるH株指数は160.30ポイント(1.20%)高の13480.72ポイントとそろって連日で最高値を更新。


中資企業株で構成されるレッドチップ指数も9.33ポイント(0.20%)高の4598.48ポイントと続伸した。


 中間期の業績期待が強まる。中間増益見通しを発表した中国銘柄が主導する格好で指数を押し上げた。


本土マーケットでは上場1483社中、725社が中間期の業績見通しを発表。うち回復・増益を見込む企業数が 477社(65.8%)に達し、前年同期に強気予想を示した比率を大きく上回ったことが明らかになっている。


このほか鉄鋼セクターも急伸。業界再編に対する期待感が先行した。



 保険セクターが高い。平安保険(2318/HK)が4.0%の大幅高


同社はこの日、保険・銀行業務の好調や投資収益の拡大という追い風を受け、07年中間期の純利益(中国会計基準)が前年同期比で倍増するとの強気見通しを示したばかり。


中国人寿保険(チャイナライフ: 2628/HK)も3.3%高と買い進まれ、

人民財産保険
(PICC:2328/HK) も小高い。


 出遅れていた鉄鋼セクターも上げが目立つ。


「A株上場の湖南華菱管線(000932/SZ)がアルセロール・ミタルに新株を割り当てる計画が認可された」と伝えられたことが刺激材料。


中間期の業績期待も手掛かりに、馬鞍山鋼鉄(323/HK)が10.6%高、重慶鋼鉄(1053/HK)が13.8%高と急伸した。


鞍鋼 (アンガン・スチール:347/HK)
は20.3%高の21.85香港ドルと急騰。

ゴールドマン・サックスは最新リポートで、目標株価を11.90→27.00香港ドルに引き上げた。
 

他の個別動向では、中国アルミ(チャルコ:2600/HK)が5.0%高と大幅続伸。包頭アルミ(600472/SH)を正式に吸収合併したことが引き続き材料視されている。


通信セクターはまちまち。

中国電信(チャイナ・テレコム:728/HK)、中国聯通(チャイナ・ユニコム:762/HK)が上昇する一方、中国網通集団・香港(チャイナ・ネットコム:906/HK)、中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)はさえない。
posted by 中国株チャンス at 07:23 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市 況  亜州IR社提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業界リポート:電力&電力設備セクター

業界リポート:電力&電力設備セクター

国内電力需要の上振れメリットは目先、
電力会社よりも電力設備メーカーの方が大きくなる――。


電力各社は発電量の増加による売り上げ増が見込まれながらも、燃料炭価格の上昇で利益が抑えられるためだ。


親会社資産の注入観測が強まる華電国際(1071/HK)を除けば、株価の上昇余地が限定的との見方が出ている。


一方、電力設備メーカーに対しては再評価の機運が高まってきた。



中小型発電設備の操業停止による更新需要や輸出市場の拡大による受注増を受けて、ここに来て供給過剰懸念が薄らいできたことが追い風。


また、同じエネルギー絡みでは、ガス銘柄に相対的な出遅れ感が強まっているようだ。


設備メーカー各社の受注好調

  電力設備メーカーの受注動向は、今年前半までの弱気コンセンサスに反して高止まる勢い。その背景には……
posted by 中国株チャンス at 07:19 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市 況  亜州IR社提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トムオンライン、中間期は赤字転落

【決算情報】トムオンライン、中間期は赤字転落(速報)

TOM在線(トムオンライン:8282/HK)の07年6月中間期


売上高:6952万米ドル(前年同期比28.3%減)
純利益:-941万米ドル(前年同期は2388万米ドルの黒字)
希薄化EPS:-0.002米ドル(前年同期は0.0056米ドル)
配当:なし
posted by 中国株チャンス at 07:17 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市 況  亜州IR社提供 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港終値 H株続伸+160P

香港終値◇H株続伸+160P

香港市場の主要株価指数は多少の振幅はあったが、
中国株中心に買われた。

H株指数は一時+194ポイント、ハンセン指数も同じく+169まで上昇。


終盤は利食い売りや本土市場がやや軟調になったことも影響し上値が重い場面もあった。


それでも、香港では来週月曜日の先物最終取引日まで「高値を維持したいという一部トレーダーによる買い」(現地トレーダー)もあり、ある程度の高値水準を維持して引けた。



・個別銘柄の動きは激しかった。


H株指数構成41銘柄のうち、

鉄鋼大手のアンガン(347)が+20.3%の21.85HKドルと急騰。


本土の鉄鋼株が強いことや上期業績への期待、さらに本日はゴールドマンサックスが27ドルをメドに買いを推奨したことも影響した。


電力のダータン国際(991)が
+7.2%の6.53HKドルと高値を更新。期末配当の支払い時期が確定。


中国2位の保険会社、中国平安保険(2318)は

集計中の6月中間決算の純利益が前年同期比2倍以上の見込みと発表、+3.9%。チャイナライフ(2628)も同様なプロフィットガイダンス(正式発表前の事前の見込み発表)が有り得るとして+3.3%と買われる。



造船の広州シップヤード(317)は

上期純利益が450%増となると発表、+13.6%と急伸。アナリストによれば手持ち受注からして2010年まで好決算が続くとの見方も。
posted by 中国株チャンス at 07:15 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | マーケットナビ香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。