最近の記事
2007年07月11日

利食い売りで反落、高値警戒感が強まる

利食い売りで反落、高値警戒感が強まる


11日の香港マーケットは、利益確定の売りで下落


主要39銘柄で構成されるハンセン指数は前日比278.82ポイント(1.22%)安の22607.02ポイント、本土企業株で構成されるH株指数も217.87ポイント(1.65%)安の13003.25ポイント、中資企業株で構成されるレッドチップ指数も55.41ポイント(1.28%)安の4268.72ポイントと反落している。


 米株安を嫌気。主要株価指数が連日で最高値を更新してきた香港でも、急ピッチな上昇に対する警戒感が強まった。


また、新興マーケットに対する資金流入の鈍化観測も浮上。米景気の不透明感が広がるなか、円高ドル安の加速により円キャリートレードの反対売買が起きるとの懸念も出ているよう。


一方、中国本土の引き締め動向も気掛かり材料。


昨日発表された6月の貿易黒字が事前予想(240億米ドル)を上回る269億米ドルに達したほか、同月の消費者物価指数(CPI)についても予想の平均が 4%を超えていることから、「景気過熱の抑制を目的とした月内利上げは避けがたい」とのムードが広がりつつある。


 米国サブプライムローン問題の再燃を嫌気し、同国でも事業展開する匯豊控股(HSBC:5/HK)が売りに押された。


時価総額ウェイトが大きいだけに、
ハンセン指数の下げ幅を拡大させている。石油セクターもさえない。


海外原油市況の上昇に加え、国内燃料価格の引き上げ観測も浮上しているにもかかわらず、中国石油化工(サイノペック:386/HK)、中国石油天然気(ペトロチャイナ: 857/HK)と中国海洋石油(CNOOC:883/HK)がそろって下落した。


 一方、中国の銀行銘柄の一角が買われる。A/H株の価格差縮小に対する期待感が先行するとともに、上半期の好業績を見越し、中国交通銀行(3328/HK)に継続買いが入った。


米ドル安ヘッジによる金市況のさらなる上昇を予想し、紫金鉱業(2899/HK)、霊宝黄金(3330/HK)もしっかり。


レッドチップ銘柄の一部のA株上場観測も再浮上。


TCL多媒体科技控股(TCLマルチメディア、1070/HK)、

香港中旅国際投資(チャイナ・トラベルHK:308/HK)、上海実業控股(上海インダストリアル:363/HK)などが逆行高で引けた。


他の個別動向では、不動産開発の新世界発展(ニューワールド・デベロプメント:17/HK)が 0.4%高。


傘下デパートである新世界百貨中国(ニューワールド・デパートメントストア・チャイナ:825/HK)の新規上場を明日に控え、
期待感からの買いが先行した。


一方、カラーテレビ生産の創維数碼控股(スカイワース・デジタル:751/HK)は22.7%安と急落。


同社は前日引け後、業績警告を発表し、
07年3月期本決算の純利益が前年(2億1600 万香港ドル)を
大幅に下回るとの弱気見通しを示したばかり。

海外向けテレビ、家電業務の再編による経費増が響いているという。
あなたの注文が香港証券取引所へ直行。取扱銘柄数は業界トップクラス、日本の祝日も取引OK!!


posted by 中国株チャンス at 22:44 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾加権指数は8営業日ぶりに反落

台湾加権指数は8営業日ぶりに反落

11日の台湾加権指数は前営業日より
93.78pt(1%)安の9,290.95ptと8営業日ぶりに反落


寄り付け後、一時に年初来高値(9341.32pt)更新した局面もあった。


ただ、前日ニューヨーク市場の大幅下落を嫌気し、加えて連日の年初高値を更新による高値警戒感が膨らみ、利益確定売りが先行した。


前日米国市場で、住宅ローン問題が再燃したことを受け、金融株が軒並みに売られ、指数を押した。市場全体の売買代金は 2,213億台湾ドルで依然として水準を維持している。


指数構成650銘柄のうち、上昇: 236、下落:381、変わらず:33
売買代金は 2,213.82億台湾ドル(約 8,204億円)で、前営業日より 68.4億台湾ドル減。

時価総額は 25.75兆台湾ドル(約 95.41兆円)で、
前営業日より 346.04億台湾ドル減。


加権指数の下落に影響を与えた3 銘柄は、電子部品輸出の台湾最大手の鴻海精密 [ホンハイ](2317)が1.8%安の293.5 台湾ドル、DVDプレーヤー用半導体製造で世界最大手の聯発科技 (2454)が2.9%安の 598.0台湾ドル、電子部品メーカーの群創光電(3481)が3.4%安の157.5台湾ドル。


その他の個別銘柄では、電子機器メーカーの大毅科技(2478)が 7.0% 安の 48.85台湾ドル、コンピューターメーカーの兆赫電子(2485)が 6.4% 安の109台湾ドル、半導体メーカーの義隆電子(2458)が 4.3% 安の66台湾ドル。

(1台湾ドル=3.706円)
posted by 中国株チャンス at 22:38 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エアチャイナ(HK:753)は新機を購入

エアチャイナ(HK:753)は新機を購入

エアチャイナ(中国国際航空HK:753)は11日、


AirbusS.A.S社とエアバス320系列飛行機を
23機購入する契約を結んだと発表



同社は旅客利用数を増やし、運送力の拡大を狙う。


今回の総額が14億米ドル以内に抑えられると予想される。


09年1月〜12年12月まで次第に納品される予定。


全て納品されたら、同社の旅客の運送力が約5.88%増強する見通し。
(会社発表)

posted by 中国株チャンス at 22:34 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

南京銀行と寧波銀行の発行価格帯決定

南京銀行と寧波銀行の発行価格帯決定


 都市銀行として初めてA株に上場を予定している

 寧波銀行と南京銀行の発行価格が確定した。


 寧波銀行は8.00-9.20元、PERは31.65-36.39倍

 7月16日に価格決定、23日に深セン証券取引所へ上場を予定している。



 また南京銀行は9.80-11.00元、PERは30.69-34.45倍


  6.30億株を発行する予定となっている。(中国証券報)
posted by 中国株チャンス at 22:30 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人民元、切上げ以来の高値を更新

人民元、切上げ以来の高値を更新


 昨日10日の対ドル人民元取引で中間レートは7.5845をつけ、

 7.59の大台を突破し切上げ以来の高値を更新した。


 今年に入ってからの切り上げ幅は2.96%、


 切り上げ以来では計6.93%に達している。(中国証券報)
中国株専業インターネット証券
posted by 中国株チャンス at 22:27 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浙江東南発電、天然ガスの購入契約

浙江東南発電、天然ガスの購入契約

 浙江東南発電(900949)は11日、

浙江省天然気開発有限公司と東海西湖ガス田の
天然ガスについて購入契約を結んだと発表
した。


 購入価格は1立方メートルあたり1.85元、ガスが正常に供給され、年間3500時間利用したと過程した場合、購入額は最大で2.59億元前後となる見込み。(会社発表)
posted by 中国株チャンス at 22:24 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国銀行セクターが軒並み高

H株主導で続伸、中国銀行セクターが軒並み高


 10日の香港マーケットは続伸


主要39銘柄で構成されるハンセン指数は前日比68.41ポイント(0.30%)高の22885.84ポイント、本土企業株で構成されるH株指数も196.69ポイント(1.51%)高の13221.12ポイントと連日で最高値を更新した。


中資企業株で構成されるレッドチップ指数は7.72ポイント(0.18%)安の4324.13ポイントと小反落している。


 中間業績に対する期待感が強まる。

時価総額ウェイトの大きい中国銀行セクターが上昇し、全体相場を押し上げた。


  招商銀行(3968/HK)が7.2%高と急騰。


同行は前日引け後、
07年中間期の増益率が100%を超えるとの強気見通しを示したばかり。


融資残高の増加、利ザヤの拡大、
非利息収入の増加などが利益水準を押し上げたという。


工商銀行
(1398/HK)も5.1%の大幅高。


中間期の増益率が50%を上回ると予想している(正式発表は8月22日)。


セクター内で出遅れ感の強い3銘柄の上げも目立つ。


中国銀行
(3988/HK) が6.6%高と急伸し、交通銀行(3328/HK)と中信銀行(CITICバンク:998/HK)も買い進まれた。

建設銀行(939/HK)もしっかり。


 中国の保険セクターも買いが優勢。


平安保険(2318/HK)が2.3%高と上昇し、

中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)も小高く引けた。


他の個別動向では、東風汽車集団 (489/HK)が4.9%高と急伸。


金融サービスを
手がける東風汽車財務有限公司への追加出資などが材料視された。

北京首都国際機場(北京首都空港:694/HK)も8.9%高の13.20香港ドルに上昇。


北京オリンピック関連銘柄として注目されるなか、モルガン・スタンレーが最新リポートで目標株価を9.06→14.52香港ドルに引き上げたばかり。
あなたの注文が香港証券取引所へ直行。取扱銘柄数は業界トップクラス、日本の祝日も取引OK!!
posted by 中国株チャンス at 08:11 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海総合指数0.78%安

上海総合指数0.78%安、金融関連銘柄は堅調


10日の本土市場で前場は堅調に推移したものの、国家発展改革委員会の専門家が07年の年間でのCPI上昇率が警戒ラインの3%を超えると発言したことを受け、新たな引き締め政策の発表を懸念し、相場は後場に入り軟調な展開となった。


好決算を受け招商銀行や平安保険など金融関連銘柄で上昇が目立ったほか、医薬、製酒、旅行関連銘柄なども買われたものの、上海総合指数は前営業日比0.78%安の3853.02ポイントで取引を終えた。


上海・深セン両市場の売買代金は1490億元。


B株市場で、上海B株指数は同1.98%安の259.23ポイント、深センB株サブインデックスは同1.05%高の5516.04ポイント。


B株市場の売買代金は、人民元換算で上海9.75億元、深セン9.39億元。


CapitaLand Retail Limitedを戦略パートナーとすると

発表した


 万科企業(200002)は 2.63%高で上場来高値を更新、


上半期業績で増益の見通しを発表した大衆交通(900903)、上海錦江国際実業投資(900914)、仏山照明(200541)はそれぞれ1.93% 高、0.95%高、3.16%高、そのほか中国国際コンテナ(200039)は1.16%高、上海振華ポートマシン(900947)は1.09%安。

10日の対ドル人民元レートは7.5838。
posted by 中国株チャンス at 08:10 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾加権指数 連日で年初来高値

台湾加権指数は連日で年初来高値を更新

10日の台湾加権指数は前営業日より14.89pt(0.16%)高の9,384.73ptと小幅ながら7 営業日続伸し、年初来高値を塗り替えた。



主力ハイテク株の業績の内容が目立ったこと等で買い安心感が広がり、指数を支えた。


前日のニューヨーク株式市場株式続伸に加え、海外からの資金流入の期待感が高まったことも追い風となった。


寄り付きで一時9400pt大台に乗せた。


連日の高値更新による高値警戒感が出て、
利益確定売りで下げに転じた局面もあった。


その後、もみ合い展開が続き、引け前に再び上昇に転じ、
高値更新で取引を終えた。


指数構成650銘柄のうち、上昇:300、下落:297、変わらず:53
売買代金は 2,282.22億台湾ドル(約 8,585億円)で、前営業日より 1.11 億台湾ドル減。


時価総額は 25.71兆台湾ドル(約 96.69兆円)で、前営業日より 149.03億台湾ドル減。


加権指数の上昇に寄与した上位3銘柄は、金属加工メーカー最大手の可成科技 (2474)が6.9%高の339.5台湾ドル、半導体の受託製造世界2位の聯華電子 [UMC](2303)が2.2%高の20.8台湾ドル、通信大手の台湾大哥大 (3045)が 4.2%高の42.0台湾ドル。



一方、個別銘柄では、自動車メーカーの三陽工業(2206)が 7.0% 高の25.25台湾ドル、半導体メーカーの晶豪科技(3006)が 7.0% 高の 98台湾ドル、半導体メーカーの創意[グローバル・ユネチップ](3443)が 6.9% 高の 378.5台湾ドル

(1台湾ドル=3.762円)
posted by 中国株チャンス at 08:03 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仏山照明 業績140%増

仏山照明、上半期業績140%増の見通し


 仏山照明(200541)は10日、


07年上半期業績で
純利益が前年同期比140%増程度となる見通しを発表した。


 06年同期の純利益は1億1613万3429元、EPSは0.32元だった。


06年同期の投資収益は2258万元だったものの、07年上半期は前年同期比900%増となっており、投資収益の拡大が増益に貢献した。(会社発表)
posted by 中国株チャンス at 07:59 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国工商銀行、上半期業績50%増

中国工商銀行、上半期業績50%増の見通し


 中国工商銀行(香港/1398、上海/601398)は10日、


2007年上半期業績(中国会計基準)
で純利益が前年同期比50%以上増となる見通しを発表した。


06年同期の純利益は251億4300万元、EPSは0.10元だった。(会社発表)
あなたの注文が香港証券取引所へ直行。取扱銘柄数は業界トップクラス、日本の祝日も取引OK!!
posted by 中国株チャンス at 07:59 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

招商銀行、上半期業績100%増の見通し

招商銀行、上半期業績100%増の見通し

 招商銀行(香港/3968、上海/600326)は10日、


2007年上半期業績(中国会計基準)
で純利益が前年同期の2倍以上となる見通しを発表した。


06年同期の純利益は27億9906万4000元、EPSは0.23元だった。(会社発表)
中国株専業インターネット証券
posted by 中国株チャンス at 07:57 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フォード 中国での販売台数25%増

フォード、上半期の中国での販売台数25%増


 米フォード社によれば、


今年上半期における同社傘下ブランドの
中国での販売台数は9万3206台(前年同期比25%増)
だったことがわかった。



 大幅増の理由として、優れた製品を次々と投入したことや販売・サービスのネットワークが急速に拡大していることなどを挙げている。


同社は今年下半期、更に生産能力を拡大するとしている。
(中国証券報)
posted by 中国株チャンス at 07:53 | 北京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。