最近の記事
2007年07月09日

万科企業は上場来高値を更新

上海総合指数2.69%高、万科企業は上場来高値を更新


週明け9日の本土市場は前週末の好調を引き継ぎ、
3800ポイントの大台を回復し取引を開始した。


国有株放出に関する緩和政策が好感され
、シノペックや宝山鋼鉄など時価総額上位の主力株も堅調に推移したほか、ホテル、石炭、紡績、製酒、金融、自動車など関連銘柄を中心にほぼ全面高の展開となっている。


上海総合指数は大引けにかけ上げ幅をじりじりと拡大し、前週末比2.69%高の3883.22ポイントで取引を終えた。


上海・深セン両市場の売買代金は1598億元。



B株市場もA株に追随、上海B株指数は同2.94%高の264.47ポイント、
深センB株サブインデックスは同1.70%高の5458.65ポイント。



B株市場の売買代金は、


人民元換算で上海13.22 億元、深セン9.26億元



上半期業績で増益予想を発表した
ワファンデン・ベアリング(200706)は5.14%高、
黒字転換を発表した*ST石家荘電子ガラス(200413)は4.15%高、


そのほか

万科企業(200002)は3.12%高で上場来高値を更新、


中国国際コンテナ
(200039)は1.50%高、上海振華ポートマシン(900947)は0.90%高。


9日の対ドル人民元レートは7.6033
香港に行かずに日本にいながらHSBC香港の口座開設




 中国株情報の定番サイト
http://chinakabubu.seesaa.net/


posted by 中国株チャンス at 21:06 | 北京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AH同時上場の大型優良株に買い

本土資金の流入期待で続伸、AH同時上場の大型優良株に買い


週明け9日の香港マーケットはH株主導で続伸


主要39銘柄で構成されるハンセン指数は前日比285.69ポイント(1.27%)高の22817.43ポイント、本土企業株で構成されるH株指数も342.99ポイント(2.70%)高の13024.43ポイントと続伸し、最高値を更新した。


中資企業株で構成されるレッドチップ指数
51.98ポイント(1.21%)高の4331.85 ポイントと軒並み続伸している。



 本土資金の流入観測が一段と強まる。

QDII 制度を通じた本土資金の流入本格化が追い風となるなか、QDII資金の限度枠が今後も拡大していくとの思惑が浮上した。


 「AH格差」の是正にも期待


主要株価指数を算出する HSIサービシズはこの日、
AH格差に関連した株価指数などの算出をはじめた。

これを受けてAH同時上場の大型優良株に対し
新規ファンド設定などを見越した買いが膨らんでいる。



 中国の保険セクターが高い。


中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)が6.3%高と急伸し、

平安保険(2318/HK)も3.4%高と上昇した。

両社に対しては、
総額 1兆5500億人民元に上る特別国債の
一部を購入するとの観測が浮上



運用手段の多様化などを好感した買いが先行した。


 人民財産保険(PICC:2328/HK) も3.1%高と買い進まれている。



 中国の銀行セクターも強含み。

招商銀行(3968/HK)が8.0%高と急伸し、工商銀行(1398/HK)、中国銀行(3988/HK)、建設銀行(939/HK)、交通銀行 (3328/HK) も上昇した。


自動車セクターもしっかり。

中国自動車工業協会の最新統計によれば、今年上期の国内乗用車販売台数は前年同期比で22.26%増加した。

東風汽車集団(489/HK) が2.6%高と値上り。

同社は今年上半期の自動車販売台数が前年同期比で28%増加した模様だ。駿威汽車(デンウェイ・モーターズ:203/HK)、華晨中国汽車(ブリリアンス・チャイナ:1114/HK)も高い。



 石炭セクターも上昇。


石炭市況の上昇や外資大手ブローカーのポジティブ評価などが材料視されるなか、エン州煤業(1171/HK)が4.2%高、神華能源(1088/HK)が1.8%高、中国中煤能源(チャイナ・コール・エナジー:1898/HK)が5.2%高と買い進まれた。
posted by 中国株チャンス at 21:01 | 北京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台湾加権指数は大幅上昇

台湾加権指数は大幅上昇


9日の台湾加権指数は前営業日より181.53pt(1.98%)高の9,369.84ptと
6営業日続伸し、年初来高値を塗り替えた。

全体の売買代金は2,283億台湾ドルとなり、今年一番の大商い。


前週末のニューヨーク株式市場株式上昇を好感し、
寄り付きから9200pt 台に上昇。

先週末に発表した米国雇用統計の内容が市場の予想を上回ったことで、米国経済の景気減速懸念が後退し、買い安心感が広がった。


加えてアジア各市場主要指数が軒並み上昇したことも追い風となり、ハイテクを中心に幅広く買われ、加権指数を押し上げた。



指数構成650銘柄のうち、

上昇:415、下落:187、
変わらず:48

売買代金は 2,283.33億台湾ドル(約 8,620億円)で、
前営業日より 165.23億台湾ドル増


時価総額は 25.05兆台湾ドル(約 94.60兆円)で、前営業日より 1,338.91億台湾ドル減。

加権指数の上昇に寄与した上位3銘柄は、総合金融会社国内最大手の国泰金控 [キャセイ・ファイナンシャル](2882)が6.3%高の84.0台湾ドル、半導体受託生産世界最大手の台湾積体電路製造 [TSMC](2330)が2.1%高の72.0台湾ドル、DVD プレーヤー用半導体製造で世界最大手の聯発科技 (2454)が5.1%高の622.0台湾ドル。



その他の個別銘柄では、明泰科技(3380)が 7.0% 高の48.15台湾ドル、海運会社の陽明海運 (2609)が 7.0% 高の26.85台湾ドル、電子機器メーカーの瑞軒科技(2489)が 6.9% 高の44.65台湾ドル。

(1台湾ドル=3.775円)
posted by 中国株チャンス at 20:57 | 北京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワファンデン・ベアリング、上半期業績50-80%増

ワファンデン・ベアリング、上半期業績50-80%増


 ワファンデン・ベアリング(200706)は9日、


07年上半期で業績が前年同期比50-80%増となる見通しを発表した。



 06年同期の純利益は3009万1891元、EPSは0.091元だった。(会社発表)
posted by 中国株チャンス at 20:53 | 北京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

深センシンバオ実業、上半期業績100-150%増

深センシンバオ実業、上半期業績100-150%増


 深センシンバオ実業(200019)は7日、

2007年上半期で業績が前年同期比100-150%増となる見通しを発表した。



 06年同期の純利益は659万368元、EPSは0.036元だった。(会社発表)
posted by 中国株チャンス at 20:49 | 北京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ST海南大東海旅行、筆頭株主への債務が免除

ST海南大東海旅行、筆頭株主への債務が免除


 ST海南大東海旅行(200613)は9日、


筆頭株主の海口食品有限公司に対する
債務1億5897万4468元が免除されると発表した


 新会計基準で計算した場合、

債務免除により同社の利益は
1億5890万元前後増加する見通し。(会社発表)
posted by 中国株チャンス at 20:47 | 北京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

*ST石家荘電子ガラス、上半期業績黒字転換

*ST石家荘電子ガラス、上半期業績黒字転換


 *ST石家荘電子ガラス(200413)は7日、

2007年上半期業績で110万元前後の黒字となる見通しを発表した。



 06年同期の純利益は-5030万8829元


        EPSは-0.13元だった。


販売状況が好転したほか、コスト削減で一定の効果が得られたためと説明している。(会社発表)
posted by 中国株チャンス at 20:47 | 北京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

建設銀行、ストックオプション制度を導入

建設銀行、ストックオプション制度を導入


 中国建設銀行は7日、

従業員約27万人に対し計8億株のストックオプションを与えると発表した。


対象となるのは在職期間3年以上の行員で、3年後に売却が可能となる。(中国証券報)
posted by 中国株チャンス at 20:45 | 北京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本土市場、第4四半期に高値更新か

本土市場、第4四半期に高値更新か


 興業証券は本土株式市場について、
第3四半期で上海総合指数は3600-4300ポイント前後で推移するものの、

第4四半期で高値を更新、
冬に5300ポイントに達する可能性もあるとの見解を示した。


 中国経済は省エネ・環境保護、産業高度化などに伴い、


成長は10年以上持続すると予想、証券投資における家計資産の割合がまだ小さいこと、また非流通株改革などで資本市場化が進むことなどを理由として挙げている。(中国証券報)
posted by 中国株チャンス at 20:39 | 北京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港市場、売買代金1000億香港ドルを突破

香港市場、売買代金1000億香港ドルを突破


9日、香港市場の売買代金は1027億香港ドルと、
6月20日の1214億香港ドルに次ぐ記録となった


香港市場の売買代金は
6月18日にはじめて1000億香港ドルを突破したが、
6月末頃には800億香港ドルを割り込む日もあった。
posted by 中国株チャンス at 20:37 | 北京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。