最近の記事
2007年05月29日

経済市況ニュース台湾2

経済市況ニュース台湾2
加権指数は0.04%安と、8,100ポイント台で揉みあい
(台湾  2007-05-28 17:27:59)

28日の台湾加権指数は前営業日より3.15ポイント安の8,156.82ポイントと、高値圏で軟調に推移。


指数構成649銘柄のうち、上昇:240、下落:336、変わらず:73
売買代金は 850.64億台湾ドル(約 3,121億円)で、前営業日より 107.86億台湾ドル減。

時価総額は 20.05兆台湾ドル(約 73.56兆円)で、前営業日より 73.38億台湾ドル減。


加権指数の下落をリードした3銘柄は、半導体メーカーの聯発科技 (2454)が2.8%安の 512.0台湾ドル、鉄鋼メーカー最大手の中国鋼鉄 (2002)が1.9%安の39.6台湾ドル、化学メーカー、時価総額ベースで台湾2位の台湾石化 (1301)が0.7%安の70.1台湾ドル。



米国株と中国本土株式市場がともに高値圏で推移しつつ、高値警戒感が強まっている中、台湾市場が買い控えている模様。


こうした環境で、利益確定売りの銘柄が目立った。

半導体メーカーの創意[グローバル・ユネチップ](3443)が 、7.0% 安の266.5台湾ドル、機械メーカーの中興電工(1513)が 4.6% 安の21.95台湾ドル、海運中堅の中国航運(2612)が 3.7% 安の54.5台湾ドル。


一方、個別銘柄では、半導体メーカーの飛信半導体(3063)が 急反発、7.0% 高の32.25 台湾ドル、自動車部品メーカー最大手の正新橡膠 (2105)が 反発、3.3% 高の35.65台湾ドル、繊維製品メーカーの新光合繊(1409)が 続伸、3.2% 高の11.4台湾ドル。


今日のポイントは、金属加工メーカー最大手の可成科技 (2474)。

28日の終値は前営業日より1.6% 安の302台湾ドル。売買回転率が29.97%、時価総額が1250.73億台湾ドル、実績PERが19.26倍、株主資本利益率ROEが42.83%。


(1台湾ドル=3.670円)


posted by 中国株チャンス at 07:18 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース台湾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経済市況ニュース香港2

経済市況ニュース香港2
【主要指数の引値】 小動き、本土株にらみ揉み合い
(香港  2007-05-28 19:51:15)

 週明け28日の香港マーケットは、新規の買い材料に乏しく小動き。主要38銘柄で構成されるハンセン指数は前日比9.10ポイント(0.04%)高の20529.76ポイント、中資企業株で構成されるレッドチップ指数も8.22ポイント(0.23%)高の3582.74ポイントと反発した。


本土企業株で構成されるH株指数は6.18ポイント(0.06%)安の
10643.66ポイントと小幅に続落している。
【夢の中国株に投資しましょう!!】

大経済発展を遂げている中国株に貴方も投資してみませんか!!コチラ




内外の相場動向を見極めたいとする慎重スタンスが先行。


本土A株に対する高値警戒感が根強いなか、積極的に上値を買う動きが限定された。また米国マーケット休場を今晩に控え、中盤以降は様子見ムードも漂っている。


 原油高を好感して石油セクターがしっかり。中国石油天然気(ペトロチャイナ:857/HK)、中国海洋石油(CNOOC:883/HK)が買われた。


 石油化学セクターの一角も強含み。中国石油化工(サイノペック:386/HK)が2.8%高。「四川省で大型天然ガス田を発見した」との報道などが刺激材料となった。


 素材セクターも堅調。LMEや上海の商品市況上昇を好感し、中国アルミ(チャルコ:2600/HK)が3.1%高、江西銅業(358/HK)が2.8%高と買い進まれた。


 通信セクターはまちまち。

中国聯通(チャイナ・ユニコム:762/HK)、中国電信(チャイナ・テレコム: 728/HK)、中国網通集団・香港(チャイナ・ネットコム:906/HK)が上昇する一方、中国移動(チャイナ・モバイル:941/HK)は小安く引けた。


 中国の金融セクターは弱含み。中国人寿保険(チャイナライフ:2628/HK)、工商銀行(1398/HK)、建設銀行(939/HK)が売られた。


 他の個別動向では、
康師傅控股(ティンイー: 322/HK)が3.8%高と急伸。


同社は昼休み、今年第1四半期の2割増益を発表している。
posted by 中国株チャンス at 07:14 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース香港 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経済市況ニュース中国2

経済市況ニュース中国2
上海総合指数2.21%高、売買代金も過去最高
(中国  2007-05-28 18:11:20)


週明け28日の本土市場で、シノペックなど時価総額上位の一部主力株が堅調に推移したほか、電力、エネルギー、不動産、ハイテク、旅行、小売チェーン、製酒、食品などを中心に幅広い銘柄に買いが集まり、相場はほぼ全面高の展開となった。


上海総合指数は4200ポイントの大台にのせて寄り付いた後、一時4283.93ポイントをつけ指数設定以来の高値を更新、前営業日比2.21%高の4272.11ポイントで取引を終えた。


 上海・深セン両市場の売買代金は3947億元で過去最高を更新した。


B株市場は上海・深セン両市場ともに大幅高で取引を終えた。上海B株指数は同6.51%高安の344.68ポイント、深センB株サブインデックスは同5.51%高の5486.29ポイント。


B株市場の売買代金は、人民元換算で上海62.83億元、深セン24.17億元。


2億米ドルの融資獲得を発表した中国国際コンテナ(200039)はストップ高、筆頭株主による売り出しを発表したファンタグループ(200055)は0.61%安、そのほか万科企業(200002)は3.29%高、上海振華ポートマシン(900947)は6.22%高。


28日の対ドル人民元レートは7.6476。
日本人は、どうして儲かると分かっているモノに投資をしないのですか?

posted by 中国株チャンス at 07:09 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済市況ニュース中国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人民元切り上げ特集

人民元切り上げ特集
人民元切り上げについて
人民元は、2005年7月21日に2%切り上げられ、今もなお人民元通貨の価値は徐々に上昇しています。しかし、現在の価格でも人民元の価値は、まだまだ安いと評価されています。

2006年5月29日時点での
「マクドナルドのビッグマック」で比較してみると
(ビッグマック指数)、

米国での「ビッグマック」の値段は約3.10ドルなのに対し、

中国では1.31ドル(10.5元)です、
すなわち、1.79ドルも安いことになります。


これは、ドル:人民元の為替レートが1ドル=3.39元ならほぼ等価であると言うことになります。つまり、現在の状況でも人民元は58%も過小(安く)評価されている計算になります。

このデータを見ても人民元の価値は今後上昇する可能性を秘めていることが分かると思います。

2006年人民元切り上げは行われませんでしたが、この年の人民元上昇率は対USドルで3.4% と発表されました。人民元は現在も尚、少しづつではありますが、上昇を続けているのです。

このような結果をみても、中国不動産に人民元単体での通貨価値の上昇による、投資リターンの可能性は十分にあると言えるでしょう。
人民元切り上げで大儲け!




人民元が仮に30%だけ切り上がったら・・・


仮に人民元が30%だけ切り上がった場合のシミュレーション

仮に、人民元に50万元を投資した場合・・・



人民元が30%だけ切り上がったとしても、資産価値は一気に235万円も増えるのです。


これを考えると、人民元切り上げのメリットだけを見てもそのパワーには計り知れないものがあると言えます。



人民元切り上げに関する最新ニュース
【人民元切り上げが早まる可能性が・・・】



中国の中央銀行である中国人民銀行は2007年2月9日、去年、第4四半期通貨政策の実施状況報告を発表し、「今後、人民元の為替レートをより柔軟性のあるものにしていく」としています。
これは、中央銀行がこの政策を今年になって以来改めて強調してものだとして注目されています。

人民元の為替レートをより柔軟性のあるものにしていくことは、その変動幅を大きくしていくことですが、一部専門家は、「これは、人民元切り上げを早める可能性がある」とみています。






posted by 中国株チャンス at 06:59 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 人民元切り上げ特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国経済の魅力

中国経済の魅力
世界中から注目を浴びている中国のGDP
世界で最も注目れている国が中国である理由

人民元の切り上げの話題だけでなく、
見逃せないのは、好調な経済成長です。

北京市統計局が発表したデータによりますと、北京市の一人当たりの地域生産高が初めて1000ドルを超えたのは1994年で、2001年に3000ドル、 2005年に5000ドルを超えたということです。そして、2006年には6000ドルを超えます。


2020年には、中国のGDPは4兆ドルを超えるだろうと言われており、今も尚、毎年2ケタの伸びを見せています。


この状況を投資家が見逃すはずがありません。


そのため今、中国には
世界中からすさまじい勢いで投資目的のお金が流入しています。
日本人は、どうして儲かると分かっているモノに投資をしないのですか?



「世界の工場」になりつつある中国の製造業
中国は世界第二位の貿易大国に!


中国は、他の新興国に比べて人件費が安く、内陸部に過剰の労働力を持っています。そのため、産業集積が進展しており、台湾、米国、日本を中心に大手製造メーカーが進出しています。

そして、中国税関総局の見積もりでは、今年、世界経済は持続的で安定した成長を保ち、また中国の輸出入額も伸び続けたことから、輸出入総額は去年より2割伸びるということです。

さらに、WTO・世界貿易機関は、来年末までに、世界各国の輸出入総額では中国がドイツを超え、アメリカに次ぐ世界二位の貿易大国になるだろとみています。



新たな経済発展モデル
設備投資から消費へ
中国は、90年代から中国の経済成長の牽引役は設備投資でしたが、新たな牽引役として個人消費が期待されています。所得水準の上昇や人民元の切り上げにより中国の購買力は上がっていくものと考えられます。

持続的な経済成長の鍵は、これまでのように製造→輸出だけに頼るモデルではなく、国内消費市場の拡大です。


2008年以降は個人の消費による
更なる景気拡大が期待出来ると考えられています。


posted by 中国株チャンス at 06:55 | 北京 | Comment(0) | TrackBack(0) | 中国経済の魅力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
中国株情報の定番サイト
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。